9月25日は「主婦休みの日」女性の2人に1人以上が「主婦には毎週息抜きや休みが必要」~発表!”主夫”になってほしい男性芸能人ランキング~


https://www.weddingpark.net/girlsstylelabo/research/2017/10.html

結婚式場の日本最大級のクチコミサイトを運営する株式会社ウエディングパーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:日紫喜 誠吾 以下ウエディングパーク)は、自社が運営する、大人女子のトレンド研究所「ガールズスタイルLABO(GSL)*1」にて、20代~30代の女性162人を対象に「主婦の息抜き」に関する調査を実施いたしました。
——————————————————————————————–
■サマリー
・女性の2人に1人以上が「主婦には毎週息抜きや休みが必要」
「家事も仕事」「家事や育児は365日稼働」「叫びたくなる」
・女性の7割が「パートナーに家事や育児を任せてお出かけできる」
お任せする際のテクニックは「褒める」「具体的な指示」「事前準備」
・発表!“主夫”になってほしい男性芸能人ランキング!
1位:つるの剛士、2位:井ノ原快彦、3位:杉浦太陽
——————————————————————————————–

ウエディングパークは、「結婚を、もっと幸せにしよう。」という経営理念のもと、さらなるサービス拡充に努め、ブライダル業界のインターネットリーディングカンパニーとして結婚準備をもっと便利に楽しくするお手伝いをしてまいります。

[調査結果]
——————————————————————————————–
■女性の2人に1人以上が「主婦には毎週息抜きや休みが必要」
「家事も仕事」「家事や育児は365日稼働」「叫びたくなる」

「主婦にとって、どれくらいの頻度で、休みや息抜きが必要だと思いますか(単一回答)」という質問をしたところ、「年に数回(3.1%)」、「毎月(24.1%)」、「毎週(53.7%)」、「毎日(17.9%)」、「必要ない(1.2%)」という回答になり、女性の2人に1人以上が「主婦には毎週息抜きや休みが必要」と感じていることがわかりました。

【家事に育児に…主婦も少しは休みたい!エピソード】※コメント欄より抜粋
・家事も立派な仕事だと思うので、お休みも必要だと思う。息抜きがなければ、ストレスが溜まるから(30代前半)
・家のことや子育ては継続した仕事で基本的には365日稼働なので、「今日はお休みです」という仕組みを導入しないと周りの家族に分かってもらえず休む事ができない(20代後半)
・毎日家事(洗濯や掃除)に追われイライラが募り大声で叫びたくなります(30代前半)

■女性の7割が「パートナーに家事や育児を任せてお出かけできる」
お任せする際のテクニックは「褒める」「具体的な指示」「事前準備」

現在パートナーがいる人を対象に、「パートナーに家事や育児を任せて、出かけることができますか(単一回答)」という質問をしたところ「できる(35.0%)」、「どちらかといえば、できる(35.7%)」、「どちらかといえば、できない(19.7%)」、「できない(9.6%)」という回答になり、7割以上の女性が「パートナーに家事や育児を任せて出かけられる」ということがわかりました。

また、「パートナーに家事や育児を任せる際に、工夫していることがあれば教えてください(自由回答)」という質問をしたところ、「とにかく褒める」、「具体的な指示をする」、「事前準備をしておく」などのエピソードが多く投稿されました。

【こんな工夫をしています!家事育児のお任せエピソード】※コメント欄より抜粋
<褒める>
・当たり前ですが必ずお礼を言うことと、やってくれたことに対してとにかく褒めます。例えば食洗機への食器の入れ方うまいね~!とか、洗濯干すのバランスいいね~とか、ルンバセットするのうまいね~とかです(30代後半)
・行く前ではなく帰って来た時に、やってくれた事に、とにかく感謝!大袈裟なくらい褒める!これで、次回も気持ちよく送り出してくれます(30代後半)

<具体的な指示>
・やってもらうことをリストにしてメモをしたり、やってもらいたいことを何度も言って忘れさせないようにする(30代前半)
・一度一緒に行い手順を覚えてもらう(30代前半)

<事前準備>
・ご飯などは温めるだけの簡単な物を用意しておく(20代前半)
・ご飯の準備か洗濯など一つは負担を減らしておく(30代前半)

■発表!”主夫”になってほしい男性芸能人ランキング!
1位:つるの剛士、2位:井ノ原快彦、3位:杉浦太陽

「家事や育児が得意そうで、自分の家の主夫になってほしい男性芸能人を教えてください(複数回答)」という質問をしたところ、2位以下に差をつけて、1位に選ばれたのは「つるの剛士(71票)」さんでした。選ばれた理由としては、「つるのさんの育休後のコメントを目にしたので。主婦の気持ちを痛感してくれていて、なかなかあんな風に共感してくれる方はいないと思う(30代前半)」というような、「育休」を取得した経験に好感をもつ内容が多く集まりました。続いて2位が「井ノ原快彦(V6)(39票)」さん、3位が「杉浦太陽(33票)」さん、そして同率4位で「ディーン・フジオカ(24票)」さんと「速水もこみち(24票)」さんがランクインする結果となりました。

【”主夫”になってほしい男性芸能人ランキング!】※コメント欄より抜粋
<つるの剛士>
・つるのさんの育休後のコメントを目にしたので。主婦の気持ちを痛感してくれていて、なかなかあんな風に共感してくれる方はいないと思う(30代前半)
・育児休暇中、家事育児の全般を引き受けていた話を聞いたことがあり、嘘ではないエピソードだと思ったから(30代前半)
・子沢山であり、育休も取得しており、SNSを見ると育児にも率先して参加しているイメージがある(20代後半)

<井ノ原快彦(V6)>
・自己流ではなく、妻の意見を取り入れながら家事育児をこなしてくれそうだからです(30代前半)
・知識も沢山あるし、自分の意見以外の意見も柔和に取り入れて家事をしてくれそうだから。周りのママ友とも仲良くやってくれそうだから(30代前半)
・いつも笑顔が絶えない人なので、家事や育児も気持ちよく任せることができそうだから(30代前半)

<杉浦太陽>
・子煩悩なイメージとしっかり家事などをやってくれそうだから(20代後半)
・子ども好きなイメージや、家事を積極的にやっているイメージがあるから(30代前半)
・なんだかんだ良いパパそう。辻ちゃんのサポートをしてくれていて理想の家族だから(30代前半)

—————————————————————————————
[調査概要]
表題:「主婦の息抜き」に関するアンケート
調査主体:ウエディングパーク(ガールズスタイルLABO)
調査方法:インターネット調査
調査期間:8月14日(月)~8月17日(木)
有効回答:20代~30代の女性 162人
—————————————————————————————

■式場探しの決め手が見つかるクチコミサイト「ウエディングパーク」
「ウエディングパーク(https://www.weddingpark.net/)」は、全国約5,000 件以上の結婚式場のデータベースとその検索機能を備え、国内のウエディングメディアではクチコミ掲載数日本最大級を誇る結婚準備クチコミ情報サイトです。人生の中でも一番大きなイベントの一つである結婚式を控えたカップルを応援します。

【株式会社ウエディングパーク概要】
社名 株式会社ウエディングパーク https://www.weddingpark.net/
所在地              東京都港区南青山3丁目 11-13 新青山東急ビル6F
設立                 1999年9月
資本金              1億8,550万円
代表者              代表取締役社長 日紫喜 誠吾
事業内容          ウエディング情報サービス事業

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ウエディングパーク 「ガールズスタイルLABO」
経営本部 広報・宣伝  飛田/尾崎/瀬川
代表 03-5414-2290
FAX 03-5414-2291
Email:pr_wp@weddingpark.co.jp

*1:ガールズスタイルLABO(GSL)とは?
https://www.weddingpark.net/girlsstylelabo/
恋愛・結婚・仕事など、それぞれのシーンで多様な選択肢をもつ大人女子たちが、自分らしく人生を楽しむためのトレンド情報を調査・発信しています

<これまでの調査例>
「ひとめぼれ経験」調査 / 「パートナーの体型」調査 / 「主婦休みの日」調査
「恋愛のかけひき」調査 / 「愛妻家」調査 / 「年上との恋愛」調査
「バレンタイン」調査 / 「父の日」・「母の日」調査 / 「愛情表現」調査
「理想の恋人像」調査 / 「年上との恋愛」調査 / 「いい夫婦」調査
「ラブレター」調査 / 「愛を確かめる方法」調査 / 「女性の年齢」調査
「結婚と仕事」調査 / 「夫婦の隠し事」調査 / 「遠距離恋愛」調査
「理想の男性」調査 / 「手作り料理」調査 / 「片思い」調査
「女性としての自信」調査 / 「夏の身だしなみ」調査 /「プロポーズ」調査

以上


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする