ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』


国内最大級の映画情報サイト・ぴあ映画生活(ぴあ株式会社:東京都渋谷区)は、2017年8月25日、26日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表しました。

第1位は、英雄として語り継がれる瀬長亀次郎の功績を、当事の映像資料や関係者の証言で辿るドキュメンタリー映画『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』

第2位は、どん底にいたホームレスの青年ジェームズが、野良猫ボブと出会い人生をやり直す姿を実話を基に描いた『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』。第3位は、名作アニメ『アルプスの少女ハイジ』の原作として知られるヨハンナ・シュピリの児童文学を実写映画化した『ハイジ アルプスの物語』に決定しました。

***********************************
1位『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』93.4点
2位『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』92.2点
3位『ハイジ アルプスの物語』91.8点
4位『映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ』90.7点
5位『幼な子われらに生まれ』90.6点
6位『関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!』90.1点
7位『劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い』90.0点
8位『きみの声をとどけたい』88.5点
9位『ワンダーウーマン』87.4点
10位『関ヶ原』84.8点
11位『パターソン』84.7点
12位『エル ELLE』78.0点
(8月26日ぴあ調べ)
***********************************

観客コメント
1位『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』93.4点

「あんな人がいたなんて!という驚きがあった。個人の魅力やカリスマ性、また今に繋がる沖縄の戦後史がよくわかった」(45歳・男性)
「戦後の混乱の中で、米軍と闘い続けた瀬長さんという人物のことがよくわかった。沖縄の人々の闘いの原点、そして沖縄の魂を知ることができる映画」(52歳・男性)
「次の世代のために日本の歴史を直視しなければならないと考えさせられた。県民のため日本のために、国民が団結して瀬長さんの力になろうとしている姿に感動した」(65歳・女性)

2位『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』92.2点
「猫が可愛いだけじゃない、主人公が抱えている暗い部分も含めて、予想外の展開があるドラマチックでおもしろい映画だった」(52歳・女性)
「猫に支えられた主人公の頑張りを観て、動物は人を支える力を持っていると思い知らされた。ボブの仕草や表情がとにかく可愛くて、猫好きにはたまらない」(60歳・男性)
「心が洗われるような映画で、温かい気持ちになった。生き物に対する愛情や、優しさを感じる作品だった」(72歳・男性)

3位『ハイジ アルプスの物語』91.8点
「私もハイジみたいにアルプスに行ってソリに乗ったり、とろけたチーズをのせたパンを食べたりしてみたいと思った。都会とアルプスだったら、広いし景色もキレイなアルプスに住んでみたい」(10歳・女性)
「物質的なものでなく、自分がどこにいれば幸せかハイジはわかっていて、自然の中でとても生き生きしている姿が印象的だった」(49歳・女性)
「映像美、対人関係、登場人物たちの成長、自然との触れ合い等々、どこをとっても満足できる作品で、子供も大人も楽しめる作品になっていた」(71歳・女性)

※ぴあ映画初日満足度調査とは
ぴあ(株)が公開初日に映画館で出口調査を実施し、 観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表するもの。
ぴあ映画初日満足度ランキング
http://cinema.pia.co.jp/ranking/ 
ぴあ映画生活
http://cinema.pia.co.jp/


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする