【東日本】この夏食べたい!涼を感じる ご当地ひんやりスイーツBest5


株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)が運営する旅行サイト『じゃらんnet』は、予約者を対象に「この夏味わいたいご当地スイーツ」についてアンケートを実施しました。ランキングの結果とともに、Best5にランクインした中から、編集部がオススメする“ひんやりご当地スイーツ”をご紹介します。なお、本内容については「じゃらんニュース」でも紹介しております。
https://www.jalan.net/news/article/180262/

■この夏人気No.1は“フルーツアイス&ジェラート”
暑い夏はひんやりスイーツが恋しくなる季節。そこで「この夏味わいたいご当地スイーツ」について聞いてみたところ、1位は“フルーツアイス&ジェラート”という結果に。新鮮なご当地のフルーツを使用し、ジューシーでさっぱりとした口当たりのアイス&ジェラートは、まさに夏にぴったり。近年では「ご当地スイーツ」も、定番のものから驚くような食材を使用したものまで種類は様々。そんな進化するご当地アイス&ソフトクリームの中から、編集部オススメの“ご当地ひんやりスイーツ”をご紹介。今年の夏は、お出かけ先でお気に入りのご当地スイーツを見つけてみてはいかがでしょう。

【アンケート調査概要】インターネット調査/調査時期:2017年5月31日(水)~2017年7月1日(土)/調査対象:47都道府県在住 10代~60代以上男女/有効回答数:543名

信州の旬の恵みを使用した新鮮ジェラート

◀信州の旬の果物や野菜を使い、毎朝
手作り。8月は松本産の波田スイカ、信州産の夏いちごサマープリンセス、開田高原産のとうもろこしなど、日替わりで7種登場。
○ジェラート シングル350円ほか/田口氷菓店(長野県)

絶品ジェラートのフルーツサンデー

◀ヤマキ農園併設の農園カフェ ヤマキマルシェでは自家栽培の梨・桃・ローゼル等のジェラートを使ったサンデーが味わえる。ヨーグルトや自慢のセミドライフルーツとの相性も抜群!
○サンデー各種500円/ヤマキマルシェ(岐阜県)

かき混ぜて食べるとあら不思議?! 温玉ソフトクリーム

▲下呂温泉で作った温泉玉子を使用。ソフトクリーム、温泉玉子、玄米フレークをよくかきまぜるとカスタードクリームのような味わいに。発売以来、不動の人気を誇るご当地ソフトクリーム。
○温玉ソフト410円/下呂温泉 足湯の里 ゆあみ屋(岐阜県)

ご当地ならではの意外なコラボがクセになる!

(写真右)茨城県産「さしま茶」を使用。濃い緑、上品な香り、穏やかなうまみとコクが特徴のソフトクリーム
○さしま茶ソフト350円/谷田部東PA(上り)

(写真左)濃厚パニラにみたらし醤油が意外なおいしさ。冷めても固くならないよう工夫したミニ串だんご付き。
○醤油みたらしソフト360円/横川SA(下り)

▼リクルートライフスタイルについて
https://www.recruit-lifestyle.co.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/support/press


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする