「偏見に基づいた会話」はタブー。職場で不快な話題ランキング 転職・仕事実態調査vol.17:キャリアインデックス


情報サイト開発・運営の株式会社キャリアインデックスは、 「CAREER INDEX転職・仕事実態調査vol.17」を発表しました。
本調査では普段表面化されることのない転職や仕事に対する本音を明らかにし、広く働き方を考えていくための一助とすることを目的としています。今回は「オフィスの中で不快に思う会話」について、515名に調査。男女それぞれのアンケート結果をランキング形式で発表します。(調査詳細:https://careerindex.jp/contents/column-report/ranking/1312/ )

■調査結果概要

・男女とも不快な会話第1位は「偏見に基づいた会話」
・2位以下で男女差が見られ、女性では「性的な話題」、男性では「上司の悪口」がランクイン

■調査結果詳細

男女とも割合が高かった1位は「偏見に基づいた会話」でしたが、注目すべきは「性的な話題」。女性では2位(41.6%)ですが、男性では4位(20.9%)と大きな差が見られました。その他、「ギャンブルに関する話題」についても女性の方が不快と回答した割合が高くなりました。いずれも多くの職場の場合、適した話題ではないと言えます。

一方、男性の方が不快だと感じる割合が特徴的に高かったのは「仕事の愚痴」でした。

今回の調査結果から、女性ではプライベートな話で、男性では仕事にまつわるネガティブな話で、それぞれ不快に感じる傾向があると考えられます。

どんなに不快な話題を避けようと気をつけていても、仕事のグチや上司へのグチはどこでも話題にのぼりやすいものです。自分では避けていても、周囲の人が話すことでそこに巻き込まれてしまうというような話も少なくありません。

オフィスには様々なバックグラウンドをもつ人が在籍しています。不快な話題をすべて避けることは難しいですが、「不快な思いをする人がいるかもしれない」ということは心に留めながら会話をすることで、よりよい関係性を築いていくことができるのではないでしょうか。

CAREER INDEX 転職マガジンでは今後も様々な調査結果を発表していきます。どうぞご期待ください。
CAREER INDEX 転職マガジン: https://careerindex.jp/contents/

■調査概要
調査名:有職者に向けた仕事に関する調査
調査方法:インターネットアンケート調査
調査期間:2017年5月26日〜5月29日
調査対象:過去3年以内に転職経験のある関東在住の有職者515名(複数回答可)
(マクロミルで実施)

【株式会社キャリアインデックス】
代表者 : 代表取締役社長 板倉 広高
所在地 : 〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー15F
設  立 : 2005年11月30日
資本金 : 393百万円
主な事業 : インターネットを活用した集客プラットフォームの運営
主な運営サイト :
転職・求人情報のポータルサイト CAREER INDEX[転職]
アルバイト・派遣情報のポータルサイト Lacotto(ラコット)
ファッション・アパレル業界の転職求人情報サイト Fashion HR
資格・習い事の総合サイト CAREER INDEX スクール
市場:東京証券取引所マザーズ
証券コード:6538

【本件に関するお問い合わせ先】部 署:広報・編集部E-mail: pr@careerindex.jp


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする