第1位は『君の膵臓をたべたい』映画初日満足度ランキング(7月第5週)Filmarks調べ


国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」発表

株式会社つみき(代表取締役社長:鈴木貴幸、本社:東京都目黒区)が運営する国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2017年7月第5週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表いたしました。

この度、Filmarksでは2017年7月第5週に上映が開始された映画を対象に、2017年7月31日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画としてレビューを登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出しました。
【映画初日満足度ランキング(7月第5週)】

順位 作品タイトル ★スコア Mark!数
1位 『君の膵臓をたべたい』(東宝) ★3.82 1,052
2位 『海辺の生と死』(フルモテルモ、スターサンズ) ★3.82 41
3位 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(KADOKAWA) ★3.68 144
4位 『東京喰種 トーキョーグール』(松竹) ★3.49 578
5位 『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』(東宝東和) ★3.16 1,194

※★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品を上位にしています。

1位:『君の膵臓をたべたい』の感想・レビュー

「映画館でこんな泣けたの初めてってくらい号泣した」(20代・男性)、「浜辺美波・北村匠海が本当に本当に素晴らしい演技」(20代・女性)、「この映画から1日1日の大切さを教わった」(10代・男性)、「伏線が繋がる度に想いが溢れて泣ける。エンドロールのミスチル最高」(30代・女性)、「浜辺美波の笑顔に癒された」(30代・男性)「初恋の喪失以上を描き切った、優れた青春心理ドラマ」(40代・男性)

2位:『海辺の生と死』の感想・レビュー

「映像と音が綺麗で島に流れる時間みたいなものを捉えてるのは凄い」(20代・男性)、「激しい愛の物語」(30代・女性)、「特攻していく人は死ぬ前になにを思うのか考えた」(30代・男性)、「満島ひかり、トップ女優ですね。素晴らしい」(40代・男性)、「強く深く一途に想う満島ひかりさん演じるトエに何度となく胸が締め付けられました」(50代・女性)

3位:『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』の感想・レビュー

「マクドナルドの創業には、こんなエピソードがあったのか!とびっくり」(20代・女性)、「名優マイケル・キートンが怪演しており、実話を得意とするジョン・リー・ハンコック監督だけあり、グイグイ引き込まれ見応え十分」(20代・男性)、「これが事実だとおもうと凄い」(30代・女性)、「ビジネスの光と影が上手く描かれてて、ビジネス本1冊読んだくらいの充実感」(40代・男性)

※本ランキングは公開日から7月31日までの★スコアが3.0以上の作品を対象としています。
※本ランキングは公開日から7月31日までのMark!数が30件以上の作品を対象としています。
※本ランキング及び記事内のレビューは2017年7月31日時点のものです。

(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社
(C)2017島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ
(C)2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

【Filmarks(フィルマークス)とは?】

映画レビュー数3,000万件を集める国内最大級の映画レビューサービス。映画レビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに「映画の鑑賞記録」や「観たい映画のメモ・備忘録」「映画の感想や情報をシェアして楽しむツール」として、多くの映画ファンにご利用いただいています。

【サービス概要】


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする