「リッツ」が47都道府県名産品を徹底調査!各都道府県出身者が選ぶオススメご当地名産品「おつまみ」編の第1位発表!


北海道「鮭とば」、大阪「たこ焼き」、福岡「明太子」などの王道から、青森「いかメンチ」、鳥取「とうふちくわ」、香川県「骨付鶏」など珍しい食材まで!飯島奈美さんが開発した47都道府県レシピWebで公開中

どんな食材とも合わせやすい万能クラッカーの「リッツ」(モンデリーズ・ジャパン株式会社、本社:東京都品川区/代表取締役社長:辺丙三)は、日本全国47都道府県のご当地食材を使った「オン・ザ・リッツ」レシピを紹介する「日本を、のせてみよー。」キャンペーン開始に伴い、このたび47都道府県のご当地名産品に関する調査を実施しました。

調査は、各都道府県の出身および在住者を対象に、地元民がオススメする「おつまみ」、「おかず」、「デザート」について聞いたもの。本日よりキャンペーン期間中に、47都道府県を7つのエリアに分けて、各都道府県の「おつまみ」、「おかず」、「デザート」のランキング結果の詳細を毎週発表する予定です。このたび調査結果第一弾として、47都道府県の「おつまみ」名産品の第1位を発表します。

地元民がオススメするご当地名産品「おつまみ」編の第1位は以下のとおりです。

今回の調査結果に対して、本調査における名産品選定を監修、かつ「日本を、のせてみよー。」キャンペーンのレシピ制作にあたりご当地食材の選定にも携わったスーパーマーケット研究家の菅原佳己さんは、次のように述べています。
「今回の調査では、どの地域の人でも分かるような全国的に知名度の高い食材から、地元の人しか分からないような珍しい食材まで、多岐にわたるご当地名産品がランクインしました。福島県の『いかにんじん』や、静岡県の『黒はんぺん』、島根県の『あご野焼き』、宮崎県の『炭焼き地鶏』など、『日本を、のせてみよー。』キャンペーンで紹介した地元食材も選ばれています。日本のご当地名産品の魅力を再発見いただけたら嬉しいです。」

続いて、モンデリーズ・ジャパン マーケティング本部 ビスケット カテゴリーマネジャー 森 繁弘は、「今回の調査では、全国各地から『リッツ』に合いそうなさまざまな食材がランクインし、非常に興味深い結果となりました。今回の調査結果の中にある聞いたこともない食材を調べてみるのも楽しみの一つだと思います。家族やお友達と集まってこれら地元の食材を持ち寄り、リッツ・パーティーを楽しんでいただけたら嬉しいです。『どんな食材とも合わせやすいリッツ』の底力をぜひお家で気軽に試してみてください」とコメントしました。

なお、現在「リッツ」では「日本を、のせてみよー。」をコンセプトに、菅原さんがご当地食材選定、フードコーディネーターの飯島奈美さんがレシピ開発した、47都道府県の「オン・ザ・リッツ」レシピをウェブサイトで公開しています。どんな食材とも合う万能クラッカーの「リッツ」だからこそ楽しめる47都道府県の個性豊かなレシピが紹介されています。家族とお友達と、みんなで地元や出身地の食材を持ち寄って、新しいリッツ・パーティーを気軽に楽しんでもらえるアイデアが満載です。
【キャンペーン名】    日本を、のせてみよー。
【キャンペーンURL】 http://www.ritzcrackers.jp/recipe/local

【調査概要】
モンデリーズ・ジャパン株式会社調べ(調査委託先:株式会社マクロミル)
・調査期間: 2017年05月25日 (木)~5月26日(金)
・調査対象:各都道府県の出身および在住の20代以上の男女、各都道府県206名(合計9,682名)
・調査方法: インターネット調査


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする