おむつ用ゴミ箱ランキング:臭いを閉じ込めるカートリッジ式が人気


「ベビカム調査隊」がアンケート結果を公開

ベビカム株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役:安西正育)が運営する妊娠・出産・育児サイト「ベビカム」が「おむつ用ゴミ箱」に関する調査を行い、人気ランキングを公開しました。
[調査概要]
■調査方法:妊娠・出産・育児サイト「ベビカム」で調査(インターネットのフォームより回答)
■調査対象:育児中の方
■実施期間:2017年6月14日~2017年6月20日
■有効回答数:849件[調査内容]
■選択肢:紙おむつ処理ポット におわなくてポイ(アップリカ)、紙おむつ処理ポット におい・クルルンポイ(コンビ)、強力防臭抗菌おむつポット ポイテック(コンビ)、カセット不要のらくらくおむつポットン (ピジョン)、5層防臭おむつポット スマートポイ(コンビ)、エバン おむつ用プッシュペール(アスベル)、ウッビィインテリアおむつペール(日本育児)、くるっとポン(ダイバーチャンプ)、おむつペール 45(リッチェル)、プーポット(ライクイット)、防臭おむつペール ベビー(ティーワールド)、オムツッカー(赤ん坊カンパニー)、その他、オムツ用ごみ箱を購入していない
■調査項目:デザインの良さ、容量、使いやすさ(フタの開閉しやすさ、ゴミの取り出しやすさなど)、機能性(臭い防止効果など)、コスト(購入費用、使用時のカートリッジ代など)
■ランキングの集計方法:選択肢の中で回答者が「購入経験があるものの中で、一番良い」と答えたものを、多かった順にランク付けしています。また、選んだ商品について、「良い」と思う理由を、各「調査項目」の中から1つ回答してもらい、そのパーセンテージをグラフで示しています。※本調査の結果の詳細は、ベビカム内「ベビカム調査隊」ページにて公開しています。
ベビカム調査隊(http://www.babycome.ne.jp/research/marketing/

【調査結果の概要】
■アップリカの「紙おむつ処理ポット におわなくてポイ」が1位を獲得
「紙おむつ処理ポット におわなくてポイ(アップリカ)」が14%で、1位を獲得しました。「おむつを捨てる時には中の臭いが一瞬しますが、フタを閉めてしまえばまったく臭いません! また、シンプルなデザインなのもお部屋に溶け込んでいて気に入っています」(36歳女性、お子さん2歳)「ゴミの出し方やカセットの取り付け方が簡単なので、旦那さんでもできます。ゴミ出しを全部任せられるので、自分のすることが少しでも減って助かります」(39歳女性、お子さん2ヶ月、6歳)、「1人目から3年、同一の物を使っていますが特に不満を感じません。2人の子どものおむつ交換がかぶっていた時期はたまにキャパオーバーすることもありましたが、基本問題なく使用しています。部屋に置いても臭いは大丈夫です」(40歳女性、お子さん1歳、3歳)などのコメントがあり、臭い防止効果などの機能性が高く評価されているようです。

■コンビの2商品が2位、3位に。カートリッジ式商品が上位占める
第2位には「紙おむつ処理ポット におい・クルルンポイ(コンビ)」、第3位には「強力防臭抗菌おむつポット ポイテック(コンビ)」がランクインしました。おむつ用ゴミ箱には、カートリッジが必要なものと不要なものがある中、今回3位までにランクインした商品は、すべてカートリッジが必要なタイプでした。「強力防臭抗菌おむつポット ポイテック」については、「お部屋に置くインテリアとしても、とてもいいデザインだと思います。とても気に入っています」(31歳女性、お子さん0ヶ月)などのコメントがあり、デザイン性も好評価でした。

■決め手は臭い防止効果!
おむつ用ゴミ箱に関する自由回答では「臭いが漏れにくいことが重要。カードリッジ不要か安ければ良い」(31歳女性、お子さん1歳)「新生児のときはいらなかったが、離乳食をたべるようになって臭いがきつくなったので購入したところ、臭いもなくなりとてもよかった」(23歳女性、妊娠10ヶ月、お子さん2歳)など、使用済み紙おむつ特有の臭いを防止するために、やはりおむつ専用のごみ箱が必要というコメントが多く見られました。
また、「毎日ゴミ収集があるわけではないので、ある程度の容量は必要だと思う。フタが全開で中が丸見えの物は臭いがキツイ。部屋に置くので場所を取らず、インテリアにマッチして欲しい」(43歳女性、お子さん2歳)などのコメントがあり、頻繁なおむつ替えのために、リビングなどの生活空間に置いて使用できるデザイン性や防臭機能、大量のごみを収納できる十分な容量などを兼ね備えた商品を求める声が寄せられました。

アンケート結果の詳細は「ベビカム調査隊」でご紹介しています。
ベビカム調査隊(http://www.babycome.ne.jp/research/marketing/

■サイト情報
ベビカム(http://www.babycome.ne.jp/
日本最大級の妊娠・出産・育児の情報サイト。1998年開設。コミュニティやブログサービスのほか、最新の医療、生活、商品情報を提供。妊娠・育児分野を中心とした大手企業からの協賛により運営している。
また、仕事と子育てを両立したい女性たちを支援するWorkSmart事業も展開。2014年には、WorkSmartと日本屈指の子育てサポートを行う大分県豊後高田市との取り組みが総務省に認められ、地方創生に資する「地域情報化大賞」の奨励賞を受賞。
ページビュー 450万PV/月
ユニークユーザー数 110万人/月・850万人/年
会員数 322,400人

■会社概要
ベビカム株式会社
(2016年2月20日に、株式会社デジタルブティックから社名変更)
インターネットの「コミュニティ」を活用して世の中に貢献するために1996年に設立。年間800万人以上のママたちが訪れる日本最大級の育児コミュニティサイト「ベビカム」を1998年から運営し、子育て中の女性の就業支援(WorkSmart)に関わる事業を行う。また、本田技研工業やNTT東日本のコミュニティ企画・運営をはじめ、数多くの企業に向けて、コミュニティの企画コンサルティング、制作、マーケティング、運営サービス等も提供する。

会社名: ベビカム株式会社
設立: 1996年2月20日
資本金: 1億3732.2万円
代表者: 代表取締役社長 安西正育
所在地: 東京都港区芝浦1丁目13番10号 第3東運ビル3階
ホームページ:http://company.babycome.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】
ベビカム株式会社 担当:新井
TEL:03-5439-5488/FAX:03-5439-5489  E-Mail:prs@babycome.jp


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする