イマツイが、2017年上半期のソーシャルヒット番付を発表


~大ヒット映画「美女と野獣」に話題量で4倍の差をつけた“すごーい”コンテンツとは!?~

株式会社NTTデータは、イマツイ最新記事で、2017年上半期にヒットした製品やサービスについて、Twitter全量データをもとに調査。「エンタメ部門」「プロダクト・サービス部門」の2部門で、「ソーシャルヒット番付」を発表します。さらに、下半期に向けて盛り上がりが期待される注目のソーシャルトレンドも分析しました。Twitter全量データ分析によると、2017年の消費トレンドは、「モノからコトへ」の流れが定着。さまざまなヒット製品やサービスが生まれる中で「エンタメ部門」の横綱(話題量トップ)に輝いたのは、大ヒット映画「美女と野獣」に話題量で4倍の差をつけた『けものフレンズ』。「プロダクト・サービス部門」では『IQOSグッズ』が横綱となりました。
また、直近2カ月(4月~5月)の話題量の伸びから予測する、今最も話題が急騰している製品やサービスは、全例文に「うんこ」が入った斬新な学習ドリル『うんこ漢字ドリル』でした。子どもの勉強のために親が購入しているほか、大人向けの出版を期待する声や自分が子どもの頃に欲しかったといった声も多く、さまざまな層から注目が集まる様子が浮かび上がりました。
【分析主要トピックス】
■2017年上半期、最も話題となったのは!?
数ある商品を「エンタメ部門」と「プロダクト・サービス部門」に分類し、それぞれの話題量を分析。2017年に話題になったソーシャルトレンドを番付で紹介します。

図1:上半期ソーシャルヒット番付

■話題の盛り上がりの裏側にあった要因を探る
アニメの放送開始後、しばらくしてから突如起こった「けものフレンズ旋風」!バズを紐解くポイントは「フレンズ語」!?

図2:「けものフレンズ」と「美女と野獣」の話題量推移

■最新の注目トレンドを紐解く!
今、最も話題が急騰しているのは、実は大人も楽しんでいた、あの漢字ドリル!?そして、上半期ソーシャルヒット番付の圏外ながら躍進を続ける「UberEATS」の今後にも注目。

図3:2017年4月~5月の話題急騰ランキング

2017年上半期のソーシャルトレンドを振り返る、分析の詳細は以下からご覧ください。
『2017年上半期ソーシャルヒット番付!あの「美女と野獣」に4倍の差をつけた“すごーい”コンテンツとは!?』
http://imatsui.com/seasonal_topics/post_120/

【2017年上半期「ソーシャルヒット番付」の分析概要】
本分析は、以下の条件にて実施しました。
● 抽出対象:「日経トレンディ(※1)」および「DIME(※2)」にて紹介された、プロダクト名/サービス名/エンタメコンテンツ名を含む日本語ツイート
● 抽出対象期間とデータ数:(抽出対象期間) 2017年1月1日~2017年6月5日
(データ数) RTを除いた総ツイート量:12,894,001件

(※1)「日経トレンディ 2016年12月号」:2017年ヒット予測100
「日経トレンディ 2017年6月号」:17年上半期ヒット商品&下半期ブレイク予測
(※2)「DIME 2017年1月号」:2016→2017ヒット商品&トレンド大予測!全部見せます!!
「DIME 2017年7月号」:今年のトレンド丸わかり!!2017[上半期(→)下半期]ヒット商品ベストバイ

【イマツイについて】
イマツイは、Twitterを主とするソーシャルメディアに上がる生活者の声をリアルタイムに解析し、そこから世の中の変化のシグナルをいち早くみつけ、蓄積した大量のデータを元にこれまでにない深いインサイトを、ビッグデータ特有のノイズや複雑さを排して、分かりやすくおもしろくお届けする、ビッグデータ時代の新しい形のニュースサイトです。

●URL: http://imatsui.com
●ツイッター: https://twitter.com/imatsui_desk
●Facebook: https://www.facebook.com/imatsuinews

*文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする