第1位は『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』7月映画期待度ランキング《Filmarks調べ》


国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」発表

株式会社つみき(代表取締役社長:鈴木貴幸、本社:東京都目黒区)が運営する国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2017年7月上映映画 期待度ランキング」を発表いたしました。

Filmarksでは2017年7月劇場上映の映画作品を対象に、2017年6月29日時点でのFilmarksのClip!数(ユーザーが観たい映画として登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。Clip!数が多い作品20本を選出しました。
【2017年7月上映映画 期待度ランキング】

1位 『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』(ディズニー) 24,880Clip! 7月1日公開
2位 『メアリと魔女の花』(東宝) 13,650Clip! 7月8日公開
3位 『銀魂』(ワーナー・ブラザース映画) 13,114Clip! 7月14日公開
4位 『ジョン・ウィック:チャプター2』(ポニーキャニオン) 8,659Clip! 7月7日公開
5位 『君の膵臓をたべたい』(東宝) 8,041Clip! 7月28日公開
6位 『怪盗グルーのミニオン大脱走』(東宝東和) 6,139Clip! 7月21日公開
7位 『東京喰種 トーキョーグール』(松竹) 4,949Clip! 7月29日公開
8位 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(東宝東和) 4,502Clip! 7月28日公開
9位 『ライフ』(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント) 3,332Clip! 7月8日公開
10位 『アリーキャット』(アークエンタテインメント) 3,156Clip! 7月15日公開

11位『パワーレンジャー』(東映)[7月15日公開]
12位『忍びの国』(東宝)[7月1日公開]
13位『ダイ・ビューティフル』(ココロヲ・動かす・映画社○)[7月22日公開]
14位『コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団』(パルコ、ハピネット)[7月1日公開]
15位『海辺の生と死』(フルモテルモ、スローラーナー)[7月29日公開]
16位『バイバイマン』(AMGエンタテインメント)[7月8日公開]
17位『カーズ  クロスロード』(ディズニー)[7月15日公開]
18位『ディストピア パンドラの少女』(クロックワークス)[7月1日公開]
19位『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』(アップリンク、パルコ)[7月15日公開]
20位『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』(東宝)[7月15日公開]

※ランキング表内項目、左から順位・作品名(配給会社)・Clip!数・公開日

■第1位:『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』の感想・レビュー

(C)2017 Disney. All Rights Reserved.

「最高に爽快痛快なアクションとストーリーだった。ストーリーも分かりやすくシンプルで尚且つスケールは最大級」(30代・男性)、「舵をとってるジャック・スパロウがやっぱり一番かっこいい」(20代・女性)、「待って良かった最高でした」(20代・男性)、「視覚的な迫力がすごい」(20代・女性)、「3Dで観て良かった」(40代・女性)

■第2位:『メアリと魔女の花』の感想・レビュー

(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会

「おもしろかった!ジブリを彷彿とさせる登場人物の柔らかさと愛しさ。ハラハラワクワクさせる冒険感」(20代・女性)、「絵も綺麗。音楽が特に良かった」(20代・男性)、「夏休みに観るのにぴったり」(30代・女性)、「ジブリの世界感をリスペクトしつつ迫力のある仕上がりの作品」(30代・女性)、「豪華キャストの声の競演が楽しい」(40代・女性)

■第3位:『銀魂』の感想・レビュー

(C)空知英秋/集英社 (C)2017「銀魂」製作委員会

「原作にちゃんと忠実で、参加してるキャストならではの笑いや、著作権を無視したギャグなど最高でした。豪華俳優陣を使った贅沢なコメディアクションムービー!」(20代・男性)、「予備知識にアニメを観ると最高かも。最初の導入がとにかく面白くて大笑いしてしまいました」(20代・女性)

※本ランキング及び記事内のClip!数、レビューは2017年6月29日時点のものです。
※上位3作品の感想・レビューは、2017年6月29日時点で、海外や試写会などですでに鑑賞したユーザーから投稿されたレビューを掲載しています。

【Filmarks(フィルマークス)とは?】

映画レビュー数3,000万件を集める国内最大級の映画レビューサービス。映画レビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに「映画の鑑賞記録」や「観たい映画のメモ・備忘録」「映画の感想や情報をシェアして楽しむコミュニケーションツール」として、多くの映画ファンにご利用いただいています。Filmarksでは今後も、ユーザーが投稿するレビューや★スコア、Clip!数(ユーザーが観たい映画として登録している数)などを「感情データ」として活用し、映画データマーケティングを推進して参ります。

【サービス概要】


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする