2017年JOYSOUND カラオケ上半期ランキングを発表!逃げ恥で大ヒットの星野源「恋」が首位獲得!今年発売の楽曲トップは、けものフレンズOP「ようこそジャパリパークヘ!」


株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区、社長:吉田篤司)は、6月13日(火)、業務用通信カラオケ「JOYSOUND」シリーズ、および「UGA」シリーズにて歌唱された楽曲の回数に基づき集計した「2017年JOYSOUND カラオケ上半期ランキング」を発表します。

▽上半期ランキング 特集ページ: http://joysound.com/st/ranking2017_half/

※集計期間:2017年1月1日~5月31日。6月の1ヶ月分によるランキングへの影響が軽微であるため、速報として発表。

2017年上半期において見事1位に輝いたのは、ドラマ『逃げるが恥だが役に立つ』の主題歌として大ブレイクした星野源の「恋」。ドラマの出演者がエンディングで披露した「恋ダンス」が注目を集め、社会現象を巻き起こした本楽曲は、10代から50代という幅広い世代で1位を独占し、圧倒的な人気を示しました。つづく2位には昨年夏に公開され、驚異的な大ヒットを記録した映画『君の名は。』の主題歌「前前前世 (movie ver.)」がランクイン。13位には「なんでもないや (movie ver.)」、アニメソングランキングにおいては「夢灯籠」が20位に食い込むなど、本作の関連曲が存在感を示しました。このほか、back number「ハッピーエンド」は17位、欅坂46「サイレントマジョリティー」は18位と、昨年の圏外から大幅にランクアップ。スローテンポで歌いこむバラードが上位を占めた2016年から一転、アップテンポで盛り上がる曲が目立つ結果となりました。

アーティストランキングにおいては、カラオケ配信中の6曲のほか、インスト曲を含めると映画『君の名は。』の関連曲を20曲以上担当したRADWIMPSが首位に。2位には、歌手、俳優としても活躍が目立った星野源が、昨年40位から大幅に順位を上げ、ランクインを果たしました。また、「世界に一つだけの花」をはじめとした数多くの名曲を残し、昨年末に惜しまれながら解散したSMAPは、昨年の23位から12位に浮上。国民的アイドルグループとしての貫録を改めて示しました。

そして、2017年1月以降に発売された楽曲のランキングでは、「すっごーい」「たーのしー」など、キャラクターの独特の台詞がネットを中心に話題を集めたアニメ『けものフレンズ』の主題歌「ようこそジャパリパークへ」が堂々の1位を獲得。3位には作詞・作曲を椎名林檎が手掛けたドラマ『カルテット』の出演者が歌う「おとなの掟」、7位にはディズニーアニメ『モアナと伝説の海』でモアナを演じた屋比久知奈が歌う主題歌「どこまでも ~How Far I’ll Go~」がランクインを果たすなど、アニメやドラマ、映画内の楽曲や限定ユニット曲が人気を集めました。

さらに、ジャンル別に見ていくと、演歌・歌謡曲では石川さゆり「天城越え」「津軽海峡・冬景色」など、定番曲が強さをみせる一方、今年1月リリースされた天童よしみの45周年記念シングル「夕月おけさ」が8位に、伍代夏子「肱川(ひじかわ)あらし」が15位と健闘。アニメソングでは、『君の名は。』関連曲のほか、UNISON SQUARE GARDENが歌うアニメ『血界戦線』エンディング「シュガーソングとビターステップ」の人気も健在。また、「千本桜」をはじめ、定番曲が根強い人気を誇るVOCALOID楽曲においては、バルーン「シャルル」、DECO*27「妄想感傷代償連盟」、ナユタン星人「エイリアンエイリアン」、Neru「脱法ロック」など、初登場の楽曲や、昨年圏外から急浮上した楽曲が目立ち、今後も新たなヒット曲の誕生に期待が高まります。

年間ランキング 特集ページでは、バラエティに富んだジャンル別ランキングを掲載しております。次ページ以降には、楽曲・アーティストランキングとあわせて、「演歌/歌謡曲」、「アニメ/特撮/ゲーム」、「VOCALOID」のランキングを抜粋してご紹介しております。是非、特集ページとあわせてご覧下さい。

※選曲番号別ではなく、楽曲別として、“本人映像”や“アニメカラオケ”等のオリジナルコンテンツも合算したランキングです。

2017年上半期の首位に輝いたのは、大ヒットドラマ『逃げるが恥だが役に立つ』の主題歌として、出演者が踊る「恋ダンス」でも話題を集めた星野源の「恋」。RADWIMPSが歌う、映画『君の名は。』主題歌「前前前世 (movie ver.)」が2位に、「なんでもないや (movie ver.)」が13位と2曲が上位にランクイン。

2017年発売曲で最も歌われた楽曲は、アニメ『けものフレンズ』の主題歌として注目を集めた「ようこそジャパリパークへ」。作詞・作曲を椎名林檎が手掛けたドラマ『カルテット』の主題歌「おとなの掟」は3位にランクイン。

映画『君の名は。』の関連曲を担当したRADWIMPSが、前年の8位よりランクアップし首位を獲得!2位には“逃げ恥”効果で40位から飛躍を遂げた星野源がランクイン。「世界に一つだけの花」をはじめ、数多くの名曲を残し、惜しまれながら解散したSMAPは12位を獲得。

石川さゆり「天城越え」「津軽海峡・冬景色」が上位を独占。2016年12月リリースの瀬口侑希「津軽の春」は6位、今年1月リリースされた天童よしみの45周年記念シングル「夕月おけさ」は8位にランクインと健闘。

今年1月のリリースから半年で、演歌の総合でも8位をマークした天童よしみの45周年記念シングル「夕月おけさ」がトップに。2位には、今年芸能生活35年を迎えた伍代夏子が、通算33作目としてリリースした「肱川(ひじかわ)あらし」がランクンイン。

映画『君の名は。』の関連曲から、RADWIMPS「前前前世 (movie ver.)」「なんでもないや (movie ver.)」「夢灯籠」の3曲がトップ20位入り! カラオケの人気曲としてロングヒット中の秦 基博「ひまわりの約束」が2位、アニメ『血界戦線』のエンディング「シュガーソングとビターステップ」は5位にランクイン。

登場キャラクターの独特なセリフがネットで話題となったアニメ『けものフレンズ』の主題歌、どうぶつビスケッツ×PPP「ようこそジャパリパークへ」が1位に!映画『モアナと伝説の海』からは主題歌・エンドソングの2曲がランクイン。

もはやカラオケの殿堂入り楽曲とも言える「千本桜」が1位を独走中。DECO*27は「ゴーストルール」「妄想感傷代償連盟」「妄想税」の3曲が上位にランクイン。9位の日向電工「ブリキノダンス」、11位のナユタン星人「エイリアンエイリアン」にも注目。

ナユタン星人の「太陽系デスコ」が1位、TVCMにも起用された「ダンスロボットダンス」が8位にランクイン。Orangestar、日向電工が複数の楽曲でランクイン、「シャルル」で注目を集めるバルーンも「雨とペトラ」が7位にランクインと、今後も更なるヒット曲の誕生に期待が高まります。

※「VOCALOID」はヤマハ株式会社の登録商標です。
※「初音ミク」、「巡音ルカ」、「鏡音リン」はクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の登録商標です。
※「GUMI」はVOCALOID「megpoid」のキャラクター名です。
※「megpoid」は株式会社インターネットの登録商標です。
※「IA」は1st PLACE株式会社の登録商標です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする