プレママ、ママがよく購入する「プライベートブランド」は?入手しやすさとコスパが人気の理由


人気ランキング調査「ベビカム調査隊」がアンケート結果を公開

ベビカム株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役:安西正育)が運営する妊娠・出産・育児サイト「ベビカム」が「プライベートブランド」に関する調査を行い、人気ランキングを公開しました。
[調査概要]
■調査方法:妊娠・出産・育児サイト「ベビカム」で調査(インターネットのフォームより回答)
■調査対象:妊活中、妊娠中、育児中の方
■実施期間:2017年5月2日~5月9日実施
■有効回答数:497件[調査内容]
■選択肢: トップバリュ(イオングループ)、セブンプレミアム(セブン&アイ・ホールディングス)、コープ商品(co-op)(生協)、CGC(シジシージャパン)、みなさまのお墨付き(西友)、ローソンセレクト(ローソン)、くらし良好(オール日本スーパーマーケット協会/コプロ)、ファミリーマートコレクション(ファミリーマート)、くらしモア(ニチリウグループ)、Vマーク(八社会)、StyleOne(ユニー・イズミヤ・フジ)、V select(バローグループ)、良味100選(山崎製パン)、maruetsu365(マルエツ)、グッド・アイ(イズミヤ)
■調査項目: 入手しやすい、品ぞろえが豊富、商品にオリジナリティ(特長)がある、コストパフォーマンスがよい
■ランキングの集計方法: 選択肢の中で回答者が「もっともよく利用する」と答えたものを、多かった順にランク付けしています。また、選んだブランドについて、「よく利用する」理由を、各「調査項目」の中から1つ回答してもらい、そのパーセンテージをグラフで示しています。※本調査の結果の詳細は、ベビカム内「ベビカム調査隊」ページにて公開しています。
ベビカム調査隊(http://www.babycome.ne.jp/research/marketing/

【調査結果の概要】
トップバリュ(イオングループ)36%で第1位に
イオングループの「トップバリュ」が36%で、第1位になりました。「あらびきポークウインナーは、皮がパリッとしていて、味もおいしい。同じようなクオリティの商品と比べると、値段も安い」(33歳女性、お子さん0歳)「フルーツグラノーラをよく購入しています。お値段も安いし、おいしいからです」(27歳女性、妊娠6ヶ月)「450g入りのプレーンヨーグルトは、他製品に比べて安く、味がクリーミーでおいしいです。また、自宅近くにイオンがあり、入手しやすいので」(36歳女性、お子さん0歳)などのコメントがありました。「よく利用する」理由としては「コストパフォーマンスがよい」「入手しやすい」を挙げる方が多数となりました。

2位にはセブンプレミアム、3位にはコープ商品がランクイン
第2位はセブン&アイホールディングスの「セブンプレミアム」(19%)となりました。「食パン、安いのにおいしくて柔らかい!」(32歳女性、妊娠9ヶ月)、「煮込みハンバーグは、湯煎であたためるだけで食べられるので、ごはんを作るまでの時間が待てない子どものためによく使います」(44歳女性、お子さん3歳)など、食料品のクオリティを評価するコメントが多く寄せられました。

第3位には、日本生活協同組合連合会に加盟する生協で取り扱っている「コープ商品(co-op)」がランクインしました。「冷凍裏ごしかぼちゃは、離乳食作りに便利です」(36歳女性、お子さん0歳)「冷凍食品は安くて美味しいものが多いです。パッケージが簡易包装なのも、エコでいいと思います。宅配で購入しています」(32歳女性、お子さん0歳)などのコメントがありました。入手しやすさのほか、商品のオリジナリティについても、比較的高ポイントとなりました。

(コメント内容はいずれも個人の感想です)
ママにとっての魅力は便利さ、コストパフォーマンスの良さ
プライベートブランドに関する自由回答では、「コストパフォーマンスが高いものが多いですね。最近はちょっと高くても、レストラン並みにおいしいものもあって主婦の味方です!」(30歳女性、妊娠8ヶ月)「安いおにぎりやパン、お弁当まで揃っているPBは、近くにあると時間がないときなど便利。子どもから大人まで楽しめる」(24歳女性、妊娠10ヶ月)など、コストパフォーマンスや利便性に魅力を感じ、品質にも満足している方が多いようです。
「品質に問題がありそうな気がしていたのですが、企業のバックヤード見学に行った際に安さの秘密を聞き、購入頻度が高まりました。使ってみて良かったものは、買い続けたいです」(44歳女性、お子さん9歳)など、プライベートブランドについての情報を得たり、実際に利用したりしたことで、イメージが変わったという声も多く寄せられました。

アンケート結果の詳細は「ベビカム調査隊」でご紹介しています。
ベビカム調査隊(http://www.babycome.ne.jp/research/marketing/

■サイト情報
ベビカム(http://www.babycome.ne.jp/
日本最大級の妊娠・出産・育児の情報サイト。1998年開設。コミュニティやブログサービスのほか、最新の医療、生活、商品情報を提供。妊娠・育児分野を中心とした大手企業からの協賛により運営している。
また、仕事と子育てを両立したい女性たちを支援するWorkSmart事業も展開。2014年には、WorkSmartと日本屈指の子育てサポートを行う大分県豊後高田市との取り組みが総務省に認められ、地方創生に資する「地域情報化大賞」の奨励賞を受賞。
ページビュー 400万PV/月
ユニークユーザー数 110万人/月・850万人/年
会員数 320,200人

■会社概要
ベビカム株式会社
(2016年2月20日に、株式会社デジタルブティックから社名変更)
インターネットの「コミュニティ」を活用して世の中に貢献するために1996年に設立。年間800万人以上のママたちが訪れる日本最大級の育児コミュニティサイト「ベビカム」を1998年から運営し、子育て中の女性の就業支援(WorkSmart)に関わる事業を行う。また、本田技研工業やNTT東日本のコミュニティ企画・運営をはじめ、数多くの企業に向けて、コミュニティの企画コンサルティング、制作、マーケティング、運営サービス等も提供する。

会社名: ベビカム株式会社
設立: 1996年2月20日
資本金: 1億3732.2万円
代表者: 代表取締役社長 安西正育
所在地: 東京都港区芝浦1丁目13番10号 第3東運ビル3階
ホームページ:http://company.babycome.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】
ベビカム株式会社 担当:新井
TEL:03-5439-5488/FAX:03-5439-5489  E-Mail:prs@babycome.jp


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする