第1位は『バイオハザード ヴェンデッタ』 Filmarks調べ 映画初日満足度ランキング(5月第4週)


国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」発表

株式会社つみき(代表取締役社長:鈴木貴幸、本社:東京都目黒区)が運営する国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2017年5月第4週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表いたしました。

この度、Filmarksでは2017年5月第4週に上映が開始された映画を対象に、2017年5月29日時点での★スコア(ユーザーが映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画としてレビューを登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出しました。

【映画初日満足度ランキング(5月第4週上映スタート作品)】

順位 作品タイトル ★スコア Mark!数
1位 『バイオハザード ヴェンデッタ』(KADOKAWA) ★3.80 122
2位 『光』(キノフィルムズ) ★3.78 240
3位 『光をくれた人』(ファントム・フィルム) ★3.73 245
4位 『家族はつらいよ2』(松竹) ★3.72 73
5位 『ちょっと今から仕事やめてくる』(東宝) ★3.70 386
6位 『美しい星』(ギャガ) ★3.68 375
7位 『おじいちゃんはデブゴン』(ツイン) ★3.28 32

1位:『バイオハザード ヴェンデッタ』の感想・レビュー

「今までのCGバイオ映画の中で1番面白かった」(30代・男性)、「動く!動く!動く!アクションは圧巻」(20代・女性)、「Jホラーの巨匠、清水崇が製作総指揮をしているだけあってホラー感はハンパない!実写じゃ絶対にムリなレベルのド派手&アクロバティックな大興奮モノでした!」(20代・男性)、「今までゲームやったことない、CGアニメ見たことないって方も続きモノになってないので見ても大丈夫」(40代・女性)

2位:『光』の感想・レビュー

(C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie

「世界の見方が変わる映画に出会った」(20代・男性)、「ドキドキしたり、ハッとしたり、息が詰まってしまったり、心が動かされます」(20代・男性)、「顔アップの映像と光の入れ方、この映像がとにかく凄い」(10代・女性)、「樹木希林の圧倒的存在感に脱帽」(20代・女性)、「永瀬の演技が凄すぎます!」(30代・男性)、「すばらしい演出と見事な言葉えらび。ラストシーンは自然と目を閉じていた」(20代・女性)

3位:『光をくれた人』の感想・レビュー

(C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

「素晴らしい作品。映画としての完成度が抜群」(30代・男性)、「人や風景がとても美しい」(40代・男性)、「どの視点で見ても愛を感じ、苦しくもあるけど、温かな物語」(20代・女性)、「メッセージ性が強くて良い作品でした」(20代・男性)、「わが娘を思う気持ちが実に温かい!」(60代・女性)

※ ★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品を上位にしています。
※ 本ランキングは★スコアが3.0以上の作品を対象としています。
※ 本ランキングは、2017年5月26日から5月29日までのMark!数が30件以上の作品を対象としています。
※ 本ランキング及び記事内のデータは2017年5月29日時点のものです。

【Filmarks(フィルマークス)とは?】

映画レビュー数3,000万件を集める国内最大級の映画レビューサービス。映画レビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに「映画の鑑賞記録」や「観たい映画のメモ・備忘録」「映画の感想や情報をシェアして楽しむコミュニケーションツール」として、多くの映画ファンにご利用いただいています。Filmarksでは今後も、ユーザーが投稿するレビューや★スコア、Clip!数(ユーザーが観たい映画として登録している数)などを「感情データ」として活用し、映画データマーケティングを推進して参ります。

【サービス概要】

(C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie
(C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする