資産性が最も高い沿線とは?都営線6路線をランキング!


日本最大級のマンション相場情報サイトを運営する株式会社マンションマーケットは、運営サイト「マンションマーケット」のデータ用いて、東京都交通局(都営線)の6路線を対象に、各駅徒歩10分圏内にある2007年築マンションの平均㎡単価を算出。2007年当時の価格と2017年現在の価格を比較し、資産性が高い沿線を調査しました。

■調査概要

  • 対象は「マンションマーケット」に掲載されている2007年築の分譲マンション
  • 対象沿線は東京都交通局(都営線)の「浅草線」「三田線」「新宿線」「大江戸線」「都電荒川線」「日暮里・舎人ライナー」の6路線
  • ㎡単価の算出に用いた駅は、所在地が東京23区内のもの
  • 対象マンションは、駅徒歩10分(800m)圏内に存在するマンション
  • 徒歩1分=80m換算
  • データは2017年4月18日時点

■調査結果

◆最も資産性が高いのは「日暮里・舎人ライナー」
西日暮里駅が最寄りマンションの価格は36.5%増!

6路線の中でも大差をつけて第1位となった「日暮里・舎人ライナー」。日暮里・舎人ライナーは2008年に開業した、コンピュータ制御による自動運転を行う新交通システムです。国道交通省が発表した平成27年度の混雑率データによると、日暮里・舎人ライナーの赤土小学校前~西日暮里間は、朝7:30~8:30の混雑率が187%となっており、多くの人が利用している沿線ということがわかります。同調査では、浅草線、三田線、新宿線、大江戸線の混雑率を上回る結果となっております。

全体平均では上昇率がマイナスとなったものの日暮里・舎人ライナー沿線ですが、2007年に比べ2017年に価格が上昇したマンションもあります。本調査で最も上昇率が高かったマンションは、「西日暮里」が最寄り駅の「シェルゼ千駄木(https://mansion-market.com/mansions/detail/2511)」。2007年の¥978,464/㎡から36.5%上昇し、2017年現在では¥1,335,272/㎡となっています。

開業して10年にも満たない路線ですが、混雑率データからもわかるように、需要の高い路線となっており、実際これまで数多くのダイヤ改正や新型車両の導入が行われてきました。今後も多くの変化を遂げることが予想される日暮里・舎人ライナー。価格相場の変動にも注目したいですね。

※本調査結果は、当社が運営する住宅系ニュースサイト「マンションサプリ(※2)」でもご覧いただけます。
▼「都営線6路線、資産性が高い沿線ランキング!」
http://mansion-market.com/sapuri/toei_assets/

(※1)マンション相場情報サイト「マンションマーケット」:https://mansion-market.com/
全国約11万棟のマンションの相場価格(資産価値)や、過去の価格推移、賃料相場などを公開しています。

(※2)「マンションサプリ」:http://mansion-market.com/sapuri/
相場や市場動向などの専門性の高いものから、これからマンションを購入しようとしている方にもわかりやすい知識系まで、様々な内容の記事を掲載。マンションにまつわる、知っておくと便利な情報、知りたい情報等をあらゆる角度から総合的に配信しています。

■株式会社マンションマーケットとは?
「ライフステージに合わせ、自由に住まいを選べる社会」の実現を目指し、「不動産の情報を整理し、最適なカタチで届ける」と「多様な不動産取引サービスを増やす」ことをミッションとし、不動産サービスを提供しています。
運営サイト(https://mansion-market.com/)では、全国の約11万棟のマンションの相場情報(資産価値)や、過去の価格推移、賃料相場などを公開しています。またサイトの運営と同時に、中古マンションの売買仲介も行っており、経験豊富なコンサルタントが仲介のサポートをします。

■法人概要
法  人:株式会社マンションマーケット
設  立:2014年5月
代  表:吉田 紘祐(代表取締役)
代表電話:03-6264-3650
会社URL:https://corp.mansion-market.com/


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする