~オトコとオンナの”汗のニオイ事情”を調査~ 恋愛中に「汗のニオイ」が気になるシチュエーション、TOP5は? 屋外デートだけでなく、自宅デートも要注意!


汗のニオイケアは、「異性としての魅力がアップ」8割超が回答

デオドラントブランド「エージーデオ24」(資生堂)では、汗のニオイが気になるこれからの季節にあわせ、20~40代の男女500名を対象に、「汗のニオイ」をテーマとした男女比較調査をおこないました。

[調査概要]
・調査名:「汗のニオイ」に関する調査
・調査期間:2017年3月30日~4月3日
・調査方法:インターネット調査
・調査実施機関:楽天リサーチ
・調査対象:20~40代 有職男女500名(性別:均等割付、年代:人口構成比で割付)

◆”汗のニオイ事情”は、オトコとオンナでどのように違う? 
気温が上昇し、汗のニオイが気になりやすくなる、これからの季節。それでは、”汗のニオイ事情”は、男女で違いがあるのでしょうか。今回は、20~40代男女500名を対象にした調査で、その実態を比較しました。

◆男女ともに気になる、自分の汗のニオイ
はじめに、”自分”の汗のニオイについて調査。「日常生活の中で、汗のニオイが気になることはありますか?」と聞くと、男性では83%、女性では89%が「ある」と回答。<グラフ1> 男女ともに、多くの人が普段から汗のニオイを気にしていることがわかります。

そこで、具体的に汗のニオイが気になった時のエピソードを聞いてみたところ、特に男性においては、
●「彼女と一緒にいる時に指摘されたことがある」(31歳・男性)
●「独身時代は自覚がなかったが、結婚して、妻から汗くさいと言われるようになった」(43歳・男性)
など、パートナーから汗のニオイについて注意を受けたことがあるという声が目立つ結果に。一方で、女性の場合は、
●「同僚が”なんだか汗臭い”と言った時に、自分の汗のことではと焦った」(29歳・女性)
●「動いた時にニオイを感じて、自分の汗ではと不安になったことがある」(33歳・女性)
と、ふとした瞬間に自分で気になってしまうという回答が多くあがりました。
さらに、どのようなシーンで汗のニオイが気になるかを聞くと、男性は「運動をした時」(56%)、女性は「人と近い距離で話している時」(63%)が、それぞれ最も多い結果となりました。男性の場合は、わかりやすく汗をかく場面で気にしているのに対し、女性の場合は日常的なシーンでも汗のニオイが気になっている様子がうかがえます。

◆女性は汗のニオイに敏感、男性は汗がにおいやすい!?  
続いて、”他人”の汗のニオイについて調査を実施。まず、「あなたは、他人の汗のニオイに敏感だと思いますか?」と聞くと、男性では67%が「そう思う」と答えたのに対して、女性で同じ回答をしたのは82%という結果に。他人の汗のニオイに敏感な女性の割合は、男性の1.2倍ということになります。
さらに、汗のにおいやすさにも男女差があると感じる人が多いようで、「男性は女性に比べて汗がにおいやすいと思う」と答えた人は、全体で84%にのぼりました。<グラフ2> なお実際に、男性は女性と比べて皮脂量が2倍近く多く、この皮脂が酸化・分解することでニオイの原因になることが研究(※)によってわかっています。(※資生堂調べ)

◆恋愛シーンで「汗のニオイ」が気になる瞬間ランキングTOP5は? 
さらに今回は、恋愛シーンにおける「汗のニオイケア」についても調査。現在パートナー(恋人・配偶者)がいる、もしくは過去にいたことがある方に質問をおこないました。
まず、パートナーといる時に汗のニオイをケアしている人は、男性で59%、女性で76%という結果に。また、パートナーと一緒にいて「汗のニオイが気になりやすい」と思うシチュエーションを聞いたところ、ランキングは下記のようになりました。

▽パートナーと一緒にいて「汗のニオイが気になりやすい」シチュエーション

1位:ハグやキスをする時(43%)
2位:長時間一緒にいる時(35%)
3位:朝、起きたばかりの時(26%)
4位:自宅でくつろいでいる時(24%)
5位:屋外でデートをしている時(23%)

ハグやキスなど体が密着する時はもちろんのこと、長い時間一緒にいる時や、朝起きたばかりの時には、汗がにおいやすいと気にする人が多いようです。また、5位にランクインした「屋外でのデートの時」だけでなく、4位の「自宅でくつろいでいる時」に汗のニオイが気になるという回答も目立ちました。
また、「パートナーがニオイケアをしていると印象はどのように変わりますか?」という質問をすると、「好感度があがる」と答えた人が89%となったほか、「異性としての魅力がアップする」と答えた人も81%という結果に。<グラフ3> 逆に、ニオイケアをしていなかった場合は、「マナーがなっていないと感じる」人が67%、「デリカシーがないと感じる」人が64%にのぼりました。たとえ恋人や配偶者などの近しい存在が相手でも、ニオイケアは重要なものと考える人が多いようです。

ちなみに、汗のニオイ対策で使用することが多いアイテムとしては、「スプレータイプの制汗剤」(63%)、「ボディーシート/汗ふきシート」(60%)がツートップに。以下、「消臭スプレー/衣類スプレー」(38%)、「ロールオンタイプの制汗剤」(31%)、「香水」(30%)と続きました。また、男性においては「メンズ専用のアイテムを使っている」人が55%と半数以上にのぼっています。

◆「エージーデオ24」で、異性からも好印象をゲット!? 
デオドラントブランド「エージーデオ24」は、高いデオドラント機能と肌ケアに着目。「24時間、いつでもどこでも肌快適ケア」をコンセプトにしています。

《■汗のニオイをケアして、異性からの好感度もアップ 》
今回の調査では、恋愛シーンにおいて「汗のニオイケア」が重要な意味を持つことがわかりました。汗そのものは無臭ですが、皮膚にある常在菌が汗などを分解しながら繁殖していくことで、ニオイの原因となるニオイ菌が発生します。「汗のニオイ」対策をおこなう上では、この”ニオイ菌”に対して、適切なアプローチをすることが重要です。「エージーデオ24」は、高密着処方で肌にピタッと密着し、”ニオイ菌”を殺菌(*)、さらに好きな香りも楽しめます。
*有効成分IPMP(イソプロピルメチルフェノール)配合

《■男性の”汗のニオイ事情”をふまえたメンズラインも展開 》
一般に男性は汗の量が多く、また、「女性と比べて、皮脂量が2倍近く多く、この皮脂が酸化・分解することでニオイの原因になること」、「男性はワキのニオイの原因となる菌の割合が高いこと」がわかっています。(資生堂調べ)

 こうした男性特有の事情をふまえて、「エージーデオ24」では、男の汗、アブラ、ニオイに対応したメンズラインを展開。中心商品の「メンズデオドラントスプレー N(医薬部外品)」、「メンズデオドラントスティック(医薬部外品)」は、ニオイ菌を殺菌(*)し、「汗のニオイ」をケアします。「メンズボディーシート Nb」は、男の汗、アブラ、ニオイ菌まで拭き消し、瞬間クール。また、男性の過剰な皮脂・汗をダブルブロックするシーバムケア(吸着)成分を全品配合。汗臭や加齢臭にも対応しています。
*有効成分IPMP(イソプロピルメチルフェノール)配合

《■世の中にはびこる汗・ニオイを検証する特設コンテンツ「SEARCH THE SMELL」》

 また、「エージーデオ24」では、現在、特設コンテンツ「SEARCH THE SMELL」を展開中です。同コンテンツでは、世の中にはびこる汗・ニオイに関する実態をさまざまな角度から検証。さまざまなメディアとのコラボレーション記事や動画を随時更新しています。

▼特設コンテンツ「SEARCH THE SMELL」
http://www.shiseido.co.jp/ag/labo.html?rt_pr=tr842


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする