【steady. 働く大人女子1000人調査】アラサー女子、通販サイト利用者は7割超!


オークションサイト&フリマアプリ の利用率も56%に!

ファッション雑誌販売部数トップシェア(※)の株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)が発行する『steady.(ステディ.)』4月号(2017年3月7日発売)では、働くアラサー女子「読者1000人の秘密にしたいマル得情報!“賢いお買い物”大調査!」を実施しました。

 『steady.』は、30歳前後の働く女性をターゲットに、通勤服、仕事、恋愛といった働く女子の今知りたい情報を徹底調査し、お悩みを解決するマーケティング雑誌です。中でも“読者1000人大調査”企画が大好評を得ています。

『steady.』4月号(宝島社)

今回、通販サイトの利用に関する調査では、「通販サイトを利用したことがある人」は、全体の71%にものぼり、「オークションサイトやフリマアプリを使ったことがある?」の問いにも、56%がある、と回答。“リーズナブルで商品数も多く便利!”や “サイトやアプリの種類が増えてここ数年で使うようになった”という声が上がっています。「ブランド中古の通販サイトを利用したことがある人は67%、そのうち“売る”目的で利用した人が62%でした。“売りたいものを宅配便で送るだけでいい”など利用が簡単になり、購入するだけでなく、着なくなった服やバッグを売り、賢く利用している人が増えている実態がわかりました。「海外の通販サイトを使ったことがある」人も32%にのぼり、送料や関税がかかったり、現地通貨での決済だと、そのときの為替レートで金額が変わるなど注意が必要なものの、“日本で未発売のアイテムが買える”などメリットを感じ利用している人も多くいました。
また、PCでお買い物をする女性が増えている一方で、「よく買い物に行くブランドやショップ」第3位に「しまむら」がランクインし、しまむらへ通っている人は、平均月2回来店するということがわかりました。特に欲しいものがなくても、しまむらへふらりと立ち寄りウインドーショッピングをすることを意味する「しまパト」という言葉が流行するなど、トレンドアイテムをリーズナブルに手に入れている女性が増えています。その他当特集では、「買って得した服ランキング」や「服のレンタルアプリ・レンタルサービス」の紹介、「お得な口コミテク」などさまざまなお得情報を調査、紹介しています。
宝島社は、企業理念「人と社会を楽しく元気に」のもと、今後もより多くの方に喜んでいただけるコンテンツを企画開発・提供してまいります。
※日本ABC協会 雑誌発行社レポート2016年上半期(1~6月)より


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする