全国の小中学生1,000人を対象にした「将来就きたい仕事」に関する調査:男子の1位は「会社員」、女子の1位は「パティシエ」


– 男女総合の1位は2年連続で「会社員」に –

<調査結果のまとめ>

  • 小中学生が将来就きたい仕事の1位は、男子が「会社員」、女子が「パティシエ」
  • 男子・女子を合わせた総合の1位は「会社員」
  • 「パティシエ」は3年連続で女子が将来就きたい仕事の1位に
  • もっとも就きたい仕事として「会社員」を選んだ男子の小中学生が増加
  •  「自営業・個人事業主・フリーランス」と「ゲームクリエイター」が初めてトップ10入り
  • 小中学生が好きな教科の1位は「算数・数学」。「算数・数学」は嫌いな教科でも1位に

世界最大(*1)の人材サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人材サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、日本全国の小中学生1000人を対象にした「将来就きたい仕事」に関するアンケート調査を実施しました。本調査は2014年より開始し、今回で4回目の実施となります。

【調査結果の詳細】
(1)小中学生が「将来就きたい仕事」
全国の小中学生1,000人に対し、「あなたは、大人になったらどのような仕事をしたいですか。」と質問したところ、将来就きたい仕事の1位は、男子が「会社員」(14.4%)、女子が「パティシエ」(11.0%)となりました。「パティシエ」は3年連続で女子の小中学生が将来就きたい仕事の1位となりました。将来もっとも就きたい仕事に「パティシエ」を選んだ女子の割合は昨年と同じでしたが、「会社員」を選んだ男子の小中学生割合は昨年の10.2%から4.2ポイント増加しました。

男子・女子を合わせた総合のランキングは、昨年に続き「会社員」(11.8%)が1位となりました。男子の小中学生で「会社員」を選んだ子どもの割合が増加したことにともない、総合のポイントも昨年の8.0%から3.8ポイント増加しました。

また、今回の調査では、「自営業・個人事業主・フリーランス」と「ゲームクリエイター」が初めてトップ10に入りました。「自営業・個人事業主・フリーランス」は男女両方でランクインし、男子が将来もっとも就きたい仕事の7位(3.0%)、女子が将来もっとも就きたい仕事の8位(2.6%)でした。「ゲームクリエイター」は、男子が就きたい仕事で6位(3.4%)となりました。

<小中学生が「将来就きたい仕事」>

小中学生が「将来就きたい仕事」:男子

小中学生が「将来就きたい仕事」:女子

小中学生が「将来就きたい仕事」:男女総合小中学生が「将来就きたい仕事」:男女総合

(2)小中学生が「好きな教科・嫌いな教科」
日本全国の小中学生1000人に対し、「あなたが好きな教科をお答えください。」と質問したところ、1位は「算数・数学」(20.9%)で、選択肢の中で唯一20パーセントを超える結果となりました。2位は「国語」(13.7%)、3位は「社会」(10.2%)でした。

一方、「算数・数学」は「嫌いな教科」として挙げた子どもも多く、「嫌いな教科」でも1位(22.4%)となりました。国語も同様で、こちらも「嫌いな教科」としても2位(12.6%)となりました。得手・不得手がはっきりするのがこの2科目であることがうかがえます。

<小中学生が「好きな教科」・「嫌いな教科」>

小中学生が「好きな教科・嫌いな教科」

【調査概要】
調査対象:日本全国の⼩中学⽣(6 歳〜15 歳の男⼥)1,000人
調査方法:インターネット調査
実施時期:2016年11 月


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする