バレンタイン直前!Instagramの最新投稿100万件を分析!ステマ抜きで本当に人気の「チョコブランド」ランキングを発表


インフルエンサー限定の体験モニター・サンプリングサービスを提供するミソシルが独自に調査。絶対に外さないチョコブランド2位は「PierreMarcoline(ピエールマルコリーニ)」気になる1位とは?

データ解析ツールの提供やインフルエンサーマーケティング支援事業を展開する株式会社misosil(ミソシル)(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:兼城 駿一郎)は、バレンタインを前に、人気スマートフォンアプリInstagramの最新投稿約100万件の投稿を分析し、インスタグラム上で本当に人気のチョコブランドを集計したランキングを作成しました。公式アカウントによる影響を除外するため、ランキングはチョコブランドに関しての投稿数ではなく、チョコブランドに関する投稿をしている人数に基づいて算出しました。また、弊社独自のステマ検知フィルタや属性分析機能により、対象を日本人のみに絞り、ステマと思われる不自然な投稿を除外しランキングを作成しました。【調査実施期間:2017年1月24日〜28日、単位:人】

2位は王道の「PierreMarcoline(ピエールマルコリーニ)」で投稿人数は195人、1位は「GODIVA(ゴディバ)」で215人と圧倒的な差を見せつけました。また、5位の「pâtisserie Sadaharu AOKI paris(パティスリー・サダハル・アオキ・パリ)」や、惜しくもランキング外でしたが「Galler(ガレー)」といったカラフルなチョコブランド、そしてバラのような見た目の「Message de Rose(メサージュ・ド・ローズ)」のような、写真映えするチョコブランドも特にインスタグラム上では人気を集めているようです。その他、10位までのランキングは下記の通りです。

写真映えするチョコレートは、多くのインフルエンサーが写真を投稿しており、単純な投稿数だけではなくリーチ数・エンゲージメント数も高いという傾向がありました。ブランドや製品のPRをする際には、Tofu Experienceなどを用いてインフルエンサーの方々を活用してみてはいかがでしょうか。

■「Tofu Experience」概要
商品やサービスをインフルエンサーに体験してもらいたいクライアントと、投稿の強制は一切なく、金銭の報酬がなくてもクライアントの商品やサービスを体験したいというインフルエンサーをマッチングする、日本初の脱ステマ型インフルエンサー限定体験モニター・サンプリングサービス。Tofu Experienceはインフルエンサー限定で「体験」を提供して認知を形成する全く新しいPRのカタチです。
○3つの特長
1:メディアとしてのインフルエンサー
既存の広告には見向きもしない消費者が増えている一方で、フォロワーやファンが数千、数万、数百万人もおり、メディアをも凌ぐ圧倒的なリーチ力、影響力を持つ「インフルエンサー」の存在が無視できなくなっています。
「Tofu Experience」は、まだ知られていない商品やサービスをインフルエンサーに体験してもらいたいお客様と、金銭のインセンティブがなくても商品やサービスを体験し拡散したいインフルエンサーをマッチングするサービスです。インフルエンサーの極上の口コミでビジネスを加速させましょう。

2:ステマ対策で大切なブランドをお守りします
インフルエンサーへの投稿の強制は一切なく、さらに金銭の報酬なしでも体験・拡散したい応募者のインフルエンサーの中から、独自のスクリーニング技術で、商品やサービスとの相性が悪い炎上リスクのあるインフルエンサーを除外し、ステマ・炎上への対策を行います。

3:無駄なコスト、一切ゼロ。
今なら1万円の掲載料金のみでインフルエンサーへ告知・集客・体験を提供するインフルエンサーの決定が可能です。 10,000人のフォロワーがいるインフルエンサー1人に体験を提供し、SNSでシェアしてもらえば1リーチのコストを1円まで下げることができます。 また、仮に応募が集まらなければ応募が集まるまで無料で掲載を延長することができます。

■会社概要
会社名:株式会社misosil(ミソシル)
設立:2015年
所在地:東京都中央区築地2-11-25 3F
事業内容:解析ツール開発・提供、マーケティングコンサル等
「Tofu Experience」概要:http://tofuex.misosil.com/
* 本プレスリリースに記載している商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
*  ランキング内の投稿人数の数値は不自然な投稿の除外や、統計的に算出しているため、期間中の当該キーワードの全Instagram投稿数の実数値とは異なる場合がございます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする