留学・語学教育事業のEF、世界最大の国別英語能力指数 EF EPI 2016 発表


日本は、アジア内で英語能力最大の降下 順位を落とし35位と過去6年で英語能力伸びず

海外留学のEF
留学・語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、イー・エフ・エデュケーション・ファーストの日本法人であるイー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区渋谷2-15-1 以下、EF)は、
2016年11月17日(木)世界最大の国別英語能力指数レポート『EF English Proficiency Index 2016』(以下、EF EPI 2016)を発表しました。今回で6回目となる「EF EPI 2016」は、世界72カ国、95万人の英語学習者(成人)のデータを用いて作成しています。日本の順位は、昨年11月に発表された「EF EPI 2015」の順位(30位 / 72カ国)から5位下がり
35位という結果となりました。また、過去6年間のEF EPIスコア(英語能力を示すスコア)の結果を比較すると、EF EPI 2016 の下降(EF EPI 2015の結果からは、-1.88ポイント)が著しく、過去6年間で日本人の英語能力が低下していることが明らかとなりました。

留学・語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、イー・エフ・エデュケーション・ファーストの日本法人であるイー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区渋谷2-15-1 以下、EF)は、2016年11月17日(木)世界最大の国別英語能力指数レポート『EF English Proficiency Index 2016』(以下、EF EPI 2016)を発表しました。今回で6回目となる「EF EPI 2016」は、世界72カ国、95万人の英語学習者(成人)のデータを用いて作成しています。

EF EPI 2016から読み取れる重要なポイントは以下3つです。
1.日本について

日本の順位は、昨年11月に発表された「EF EPI 2015」の順位(30位 / 72カ国)から5位下がり35位という結果となりました。また、過去6年間のEF EPIスコア(英語能力を示すスコア)の結果を比較すると、EF EPI 2016 の下降(EF EPI 2015の結果からは、-1.88ポイント)が著しく、過去6年間で日本人の英語能力が低下していることが明らかとなりました。

2.アジア諸国について

アジア諸国の中で最もランキングが高かった国はシンガポール(6位 / 72カ国)でした。シンガポールはEF EPIスコアを昨年から大きく伸ばし(+2.44ポイント)、最も高い英語能力グループに入ったアジア初の国となっています。アジアではタイ、香港、中国も注目に値する進歩を見せている一方、スリランカやパキスタンと並び、日本はアジア内で英語能力の最大の降下といった結果となりました。

3.ランキング上位国について

昨年に続きEF EPI 2016でも、上位5位を独占する北ヨーロッパの国々が含まれるヨーロッパの英語能力が他地域と大差をつけてランキング上位となっており、1位はオランダ、そして北欧のデンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドが2-4位を占め、ヨーロッパ勢が独占しています。また、英語能力スキルの幅が各エリアで過去最高の開きをみせていることも注目の点です。

本結果を踏まえ、EF研究所所長のMinh N. Tranは次のように述べてます。「激動のグローバル経済において、英語能力は雇用の強化および機会を提供する指標の一つであるといえます。このため、国や企業が競争力を保つためへの投資と努力は多大なものになります。EF EPIでは国や企業の多大な挑戦や議論を通し、言語教育へのサポートを行っていきます。」

現在EFは、語学留学をはじめ、オンライン英語学習や企業研修プログラムなど、国内外で受講できる英語学習ソリューションを提供し、若年層から社会人、シニア層まで幅広い英語学習者をサポートしております。その中でも、昨今、英語学習者数が増加している若年層、および、社会人層への支援強化を進めていき、より一層、日本人の英語能力向上に貢献していく予定です。

EF EPI 2016の全文、各指標との相関分析の結果は、以下のページよりご覧いただけます。
【EF Standard English Test(EF SET)2016】http://www.efjapan.co.jp/epi/
sub1

main

イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社について
1965年に、Education First『教育を第一に』をモットーにスウェーデンで設立した、イー・エフ・エデュケーション・ファーストは、世界最大級の私立教育機関です。現在では世界53ヵ国以上の国々に500を超える事業拠点、及び、直営語学学校を擁し、グローバルに教育事業を展開しています。イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社はイー・エフ・エデュケーション・ファーストの日本法人として1973年に設立され、言語教育、留学、オンライン英語学習など、さまざまなプログラムを提供しています。EFは、東京2020オリンピック・パラリンピックオフィシャルパートナー(語学トレーニング)です。
【EF公式サイト】http://www.efjapan.co.jp

本件のお問い合わせについて
イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社
パブリック・リレーションズ:竹本
TEL:03-5774-6206  Mail:ai.takemoto@ef.com


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする