魚が苦手な子どもや若者にすすめたい魚介料理は 「鯵(あじ)のなめろう」「鯛めし」 「鯖みそ煮」「鰹(かつお)たたき」  料理に選ばれた魚介は、トップ3を青魚が独占


一般社団法人 日本さかな検定協会

日本人の魚食普及に向けて広く魚への関心や知識を深めてもらおうという狙いのもと、「日本さかな検定(愛称:ととけん)」を2010年から開催している一般社団法人 日本さかな検定協会(所在地:東京都千代田区、代表理事:尾山 雅一)が、今年第7回を迎えた同検定の受検者たちに「魚が苦手な子どもたちや若者にすすめたい魚介料理」を自由回答形式で聞きました。
その結果、彼らがすすめたい魚介料理と魚介種の上位ランキングは、“魚好き・魚通”を自認する検定受検者ならではのひと味異なる様相を示しており、以下、それらの主なポイントをご報告します。

■魚食経験の豊富さの現れ? 魚好きのおすすめトップ、“アジなめろう”
全回答者1,422名から名前の上がってきた魚介料理の総数は637料理。その中で、2位の“タイ飯(めし)”を倍以上引き離し、ダントツのトップとなったのは“アジなめろう”。アジのなめろうというと、千葉や伊豆をはじめ関東近県の魚通に好まれる酒肴という印象が強いが、北海道(函館会場)から九州(福岡会場)にいたる全国11会場の検定参加者からまんべんなく支持を集める結果となった。また、支持した年代も60~70代から小学生まで偏りがなく、いまや、“アジなめろう”人気は居酒屋、家庭料理を問わず全国区になっているといえよう。
アジ料理はこのほか、アジフライ(7位)、南蛮漬(10位)、刺身(18位)、たたき(24位)、さんが焼き(26位)などが上位にランクインした。

表1
img_117584_1
2位にランクインしたタイ飯(鯛めし)は、炊き込みごはんタイプの他、タイの切り身を卵入りの醤油だれに漬け、ごはんにかける愛媛県南予地方のもの双方が含まれていると想像されるが、鯛めしのおいしさを知っている魚通ならではのおすすめ料理とみられる。
サバみそ煮やサンマ塩焼き、アジフライなど家庭料理の定番とならんで、アジなめろう、タイ飯、キス天ぷら、サワラ西京焼き、アユ塩焼きなどが上位にランクインしている背景に、「一度試しに食べてごらん、おいしいから」という彼らの声が聞こえてきそうだ。

表2
img_117584_2
魚介別に料理数の多い順をみると、表2の結果となった。
最多の料理があげられたイカでは、スルメイカはもちろん、ケンサキ、ヤリイカ、コウイカ(すみいか)、アオリイカと、それぞれ独特の食感をもつおすすめイカ料理として、34種と多岐にわたっている。なかでも、刺身、活け造り、天ぷら、フライに支持が集まった。
2位のサバではみそ煮、塩焼きの2大定番にくわえ、ごまさば(福岡)、ばってら(大阪)、柿の葉寿司(奈良・和歌山)、へしこ(北陸)などの郷土の味、さらにはサバップル、サバドッグ、サバサンドといったファストフードにいたるまで、31種と豊富なバリエーションがみられた。

■おすすめ料理に選ばれた魚介種、トップ3はアジ、サバ、イワシ
表3
img_117584_3
「魚が苦手な子どもや若者にすすめたい魚介料理」に登場する上位魚種をみると、なめろう、フライ、南蛮漬などが支持を集めたアジを筆頭にサバ、イワシと上位3種までを青魚が占めた。
ほかには、白身魚のタイがマグロの2倍近くの支持を得たのが目立つ。以下、料理種類の豊富な魚介が上位を占めている。

【調査概要】
第7回「日本さかな検定」受検者
(47都道府県から最年少6歳から最高齢81歳の方々が参加)
*対象者:全国11会場での検定受検者2,840名から1,422名の回答を回収
*方法 :会場にてアンケート用紙を配布、自記入式で回答
*時期 :2016年6月26日/第7回「日本さかな検定」実施日

[日本さかな検定公式HP]
http://www.totoken.com/


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする