就職活動に役立つと思うバイトランキングを発表 ~「接客レベルが高い」「教育がしっかりしている」イメージのブランドが上位にランクイン~


「anレポート」が就職活動に役立つと思うアルバイトブランドを調査

総合人材サービス、パーソルグループの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営するアルバイト求人情報サービス「an」< http://weban.jp/ >は、人事・採用担当者のための情報サイト「anレポート」にて、アルバイト経験およびアルバイト就業意向がある15歳から24歳の若者を対象に、就職活動に役立ちそうだと思うアルバイトブランドの調査を実施いたしました。
▼「anレポート」:2016年アルバイトブランドランキング調査結果
http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/trend/20160926.html

Q.若者が就職活動に役立つと思うアルバイトのブランドTOP20(有効回答者数2,243)main

■就職活動に役立ちそうな理由は「コミュニケーション能力が上がりそう」と「しっかりとしたイメージを与えられそう」
トップ20を業界で見ると、テーマパーク、ホテル、コンビニといった、アルバイトの仕事では接客が中心になるブランドと、塾・予備校といった教育系のブランドが多く占めました。anレポート調査による「2016年やってみたいアルバイトランキング」※の結果と比較してみると、アニメや書店・音楽といった「○○が好きだから」という理由で選ばれる趣味系のアルバイト先がなくなり、ホテルと塾・予備校業界ブランドと「ユニクロ(6位)」が就職に強そうなアルバイトとしてランクインしている格好です。

※anレポート調査「2016年やってみたいアルバイトランキング」:http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/trend/20160912.html

回答者のフリーコメントを見ていくと、就職活動に役立ちそうだと思う理由は大きく2つに分かれています。それは、「コミュニケーション能力が上がりそうだから」と「しっかりとしたイメージを与えられそうだから」で、いずれも就職活動の「面接シーン」を想定していると考えられます。

「コミュニケーション能力が上がりそう」だと考えられるブランド第1位は、「東京ディズニーランド」となり、2位「スターバックスコーヒー」、3位「セブン-イレブン」と続きました。6位の「ユニクロ」まで、共通して「接客の要求レベルが高い」「教育・研修がしっかりしている」というイメージが持たれているようです。さらに、4位の「帝国ホテル」をはじめとしたホテル業界では、「お客様への正しい言葉づかいや対応方法が学べそう」といったイメージも強く持たれています。

一方、「しっかりとしたイメージを与えられそう」だと考えられているものでは、7位「家庭教師のトライ」をはじめとした塾・予備校業界のアルバイトが挙げられます。これらのアルバイトは、主に「学力が高い」「勉強をしっかりしてきた」イメージを面接官にアピールできるのではないかと考えられている他、指導することで培われた力が役に立ちそうだと見られています。他のアルバイト先として挙げられるのは、8位「JR東日本」と13位「郵便局」で、これらは「安定感のある大手企業」のイメージがあるため、そこでアルバイト経験があると「真面目」で「信頼感のある」印象を与えられそうだという意見が多く挙がっています。

※「anレポート」サイトでは、回答者のフリーコメントをはじめ、詳しい調査結果を掲載しています。詳しくは下記をご確認ください。

▼「anレポート」:2016年アルバイトブランドランキング調査結果
http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/trend/20160926.html

■「anレポート」について< http://weban.jp/contents/an_report/ >
「anレポート」は人材採用・育成に携わる人事・採用担当者のためのメディアサイトです。人材採用に関連したオリジナルの統計・データや平均賃金、採用のプロによる面接や教育ノウハウ、アルバイトを生かす企業の取り組みなど、採用・育成に役立つ情報をお届けしています。

■「an」について< http://weban.jp/ >
「an」は、1967 年、「日刊アルバイトニュース」として創刊された求人媒体で、以降 40 年以上にわたり、主に若年アルバイト層の支持を受け、全国でアルバイトを中心とした求人情報提供を行ってきました。現在は、スマートフォン・PCの Web サイト、フリーペーパー、アプリのメディアミックスによるサービスを展開。より多くの人と組織の最適なマッチングを目指してまいります。

媒体ラインナップ
■PC・モバイル・スマートフォンサイト
総合サイト「an」 < http://weban.jp/ >
各地域の求人情報に特化した 「an エリア」  < http://area-baito.weban.jp/ >
■フリーペーパー 「an」 毎週月曜日発行/全国5版(北海道版、東海3版、福岡首都圏&周辺版)/無料

■「PERSOL(パーソル)」について
2016年7月に誕生した、国内外80社を超える「テンプグループ」の新たなグループブランドです。ブランド名の由来は「PERSON=人の成長を通じて」と「SOLUTION=社会の課題を解決する」。「人は仕事を通じて成長し、社会の課題を解決していく。だからこそ、はたらく人の成長を支援し、輝く未来を目指したい」という想いを込めています。当グループは今後「PERSOL(パーソル)グループ」として、グループビジョン「人と組織の成長創造インフラへ」を実現すべく、グループ一体となって労働・雇用の課題の解決に全力で取り組んでまいります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする