日本の動画サービス利用動向の2016年10月データを公開  Google Sites、Yahoo Sites、Teadsが ユニークビューワー数のトップ3


コムスコアは2017年1月10日、オンライン上の動画サイトに関する包括的な調査であるcomScore Video Metrix(R)[ビデオ・メトリックス]で分析した、日本のパソコン経由の動画ストリーミングサービス利用動向に関するレポートをリリースしました。調査によると、2016年10月のユニークビューワー数順によるオンライン動画プロパティのトップ3はGoogle Sites、Yahoo Sites、Teadsでした。また同データによれば、YouTubeパートナーチャネルランキングではavexが704万のユニークビューワー数で首位となったことがわかりました。

img_119329_1
日本のオンライン動画プロパティトップ10(ユニークビューワー数順)

■オンライン動画(*)プロパティトップ10(ユニークビューワー数順)
2016年10月のオンライン動画プロパティの日本国内トップ10は、YOUTUBE.COMを擁するGoogle Sitesが5,058万のユニークビューワー数で首位。2位はYahoo Japan GYAO!を含むYahoo Sitesで3,546万人、3位が1,559万人のTeadsでした。

■YouTubeパートナーチャネルランキングトップ10(ユニークビューワー数順)
img_119329_2
2016年10月のYouTubeパートナーチャネルの日本国内トップ10は、avexが704万ユニークビューワーで1位に。次いで622万人のBroadbandTV、3位はWarner Musicで495万人でした。

*)「動画」とは、ライブストリーム再生(一部の暗号化されたストリーミングは除く)とダウンロード再生を含む、オーディオビジュアルコンテンツに分類されるものを指します。区切られて再生される長時間の動画(例:途中に広告が挟まれているテレビエピソード)に関しては、それぞれ区切られた分の数、独立した動画ストリーミングとしてカウントされます。動画視聴には、ユーザーが自主的に再生した動画と自動的に再生された動画のうち、3秒以上再生された動画が含まれます。

comScore Video Metrix(R)についての詳細は、こちらをご覧ください:
http://www.comscore.com/jpn/Products/Audience-Analytics/Video-Metrix

■コムスコアについて
comScore, Inc.(NASDAQ:SCOR)はあらゆるオーディエンスやブランド、消費者動向を正確に測定するクロス・プラットフォーム測定のリーディングカンパニーです。ダイナミックなクロス・プラットフォームの世界に新しいモデルを創出するため、2016年1月にRentrak Corporationと合併しました。これまで培ったデジタル・テレビ・映画の分野における比類なき知見と膨大なデモグラフィック情報を組み合わせ、消費者のマルチスクリーン動向を壮大なスケールで数値化します。このアプローチにより、メディア企業は自社のオーディエンスを最適化することができ、マーケティング担当者はこれらのオーディエンスに対し、より効率的にリーチすることができるようになります。世界75カ国以上において3,200社以上のクライアントを持つコムスコアは、測定の未来を提供しています。詳しくは、 http://www.comscore.com/jpn をご覧ください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする