47都道府県「いい地盤ランキング」発表


地盤ネット総合研究所がビッグデータ集計による日本全国の「地盤安心スコア」を集計

“生活者の不利益解消”という正義を貫き、安心で豊かな暮らしの創造を目指す地盤ネットホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:山本 強、以下地盤ネットHD)子会社の地盤ネット総合研究所株式会社(本社:千代田区、代表取締役:山本 強、以下地盤総研)が集計した、日本全国の「地盤安心スコア」集計による47都道府県「いい地盤ランキング」を発表します。
ビッグデータの活用で地盤の見える化を
地盤総研が「ビッグデータをテクノロジーで見える化する」という経営理念のもとに、『いい地盤の日(11月28日:一般社団法人日本記念日協会認定)』に47都道府県の「いい地盤ランキング」を発表致しました。
ビッグデータの活用として、地盤総研が保有する「地盤安心スコア」集計データ1億6,032万3,397地点から、「建物用地」に該当する1,094万2,902地点を抽出し、都道府県単位で「地盤安心スコア」の平均点をランキングにすることで地盤を「見える化」致しました。<上位3位都道府県のランキング結果>

sub1

sub2

47都道府県ランキングは下記webページをご参照下さい。
https://jiban-soken.co.jp/report/

【集計方法】
■調査対象は日本全国
■国土交通省 国土数値情報1/10細分メッシュ区画
(約100mメッシュ)のメッシュの中心地における「地盤安心スコア」を抽出、さらに住宅密集地のスコアを集計するため、国土交通省 国土数値情報「土地利用細分メッシュデータ」、「土地利用種別(平成21年度、26度)」より、「建物用地」として区分されているメッシュのスコアを集計。
■上記スコアを各都道府県ごとに集計し、平均スコアを集計した。
■サンプル数:10,942,902地点(建物用地にて絞りこみ後)
■全国平均70.3点

<今後の取組みについて>
地盤総研では、今後も地盤に関するあらゆるビッグデータについてテクノロジーで見える化し、地盤を基軸とした不動産品質の見える化を進めて参ります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする