楽天トラベル、スキー場併設・隣接のスキー・スノーボード旅行が人気の宿ランキングを発表


子どもと一緒に楽しめる家族向けサービスが充実した新潟県・長野県のホテルが上位

楽天株式会社
 旅行予約サービス「楽天トラベル」 ( http://travel.rakuten.co.jp/ )は、スキー場併設・隣接のスキー・スノーボード(以下、スノボ)旅行が人気の宿ランキングを発表しました。スキー場併設もしくは隣接の宿を対象に「スキー」「スノボ」「スノーボード」のキーワードの入っている宿泊プランおよびスキー・スノボ関連プランの宿泊人泊数実績をもとに集計した結果、1位は新潟県の「エンゼルグランディア越後中里(越後湯沢)」、2位は同じく新潟県の「ホテルグリーンプラザ上越」、3位は長野県の「奥白馬温泉 ホテルグリーンプラザ白馬」がランクインしました。
【1位:エンゼルグランディア越後中里(越後湯沢)】ゆきゆきランドmain

スキー場併設・隣接のスキー・スノーボード旅行が人気の宿ランキング TOP10

1位 新潟県 エンゼルグランディア越後中里(越後湯沢)
2位 新潟県 ホテルグリーンプラザ上越
3位 長野県 奥白馬温泉 ホテルグリーンプラザ白馬
4位 長野県 ホテルタングラム 斑尾東急リゾート
5位 新潟県 越後湯沢温泉 湯沢東映ホテル
6位 北海道 ニセコ東急リゾート ホテルニセコアルペン
7位 長野県 志賀高原オリンピックホテル
8位 長野県 白樺リゾート 池の平ホテル
9位 北海道 ルスツリゾートホテル&コンベンション
10位 長野県 高天ヶ原温泉 志賀パークホテル
【1位:エンゼルグランディア越後中里(越後湯沢)】スノーウッドスキー場sub2
【1位:エンゼルグランディア越後中里(越後湯沢)】冬の外観sub1

1位にランクインした新潟県の「エンゼルグランディア越後中里(越後湯沢)」はホテルの目の前に中里スノーウッドスキー場、徒歩圏内に湯沢中里スキー場があり、ホテル目の前のゲレンデでは子ども向けの雪遊び施設「ゆきゆきランド」を開設しています。「ゆきゆきランド」は安全枠で囲まれた空間でスノーチュービングやそり遊びをしたり、雪遊びをすることができるため、まだスキーができない幼児も楽しんで遊ぶことができます。また、中里スノーウッドスキー場ではホテル宿泊者のみ事前予約のうえ、3歳から5歳の幼児向けのスキースクールで保育士資格を持つ講師からレッスンを受けることができます。ホテル内には託児施設が完備されているため、子どもを専任スタッフに預けている間にスキー・スノボを楽しむこともできます。ホテルの本館大浴場は24時間営業しているため、スキー・スノボの前日の夜遅くに到着してもゆっくり温泉に浸かることができます。

【2位:ホテルグリーンプラザ上越】雪のゆうえんち キッズパラダイスsub4
【2位:ホテルグリーンプラザ上越】外観sub3

2位となった新潟県の「ホテルグリーンプラザ上越」は目の前に斜面約1,000万平方メートルの上越国際スキー場や、子ども向けの「雪のゆうえんち キッズパラダイス」があります。「キッズパラダイス」ではスノーチュービングやスノーストライダーなど、スキーができない子どもと一緒に家族で雪遊びをすることができます。またホテル内には保育士免許を取得したスタッフが常駐している託児所に子どもを預けて大人がスキー・スノボに行くこともできます。レンタルスキー・スノボセットが付いた宿泊プランでは最新モデルのレンタルグッズを借りることができるため荷物を減らして旅行することができます。近隣には「岩原スキー場」もあり、「上越国際スキー場」との共通リフト券付き連泊プランでは2つのスキー場を帰宅日の21時まで何度でも楽しむことができます。

【3位:奥白馬温泉 ホテルグリーンプラザ白馬】ホテル目の前の白馬コルチナスキー場sub5
【3位:奥白馬温泉 ホテルグリーンプラザ白馬】外観sub6

3位の長野県「奥白馬温泉 ホテルグリーンプラザ白馬」は柔らかい質感が特徴の天然の雪でスキー・スノボができる「白馬コルチナスキー場」が目の前にあるホテルです。幅が200メートルある初心者用のゲレンデや標高1400メートルの上級者コースまで、スキー・スノボの習熟度に合わせて全16種類のコースから選択して滑ることができます。家族向けの施設としてホテルの目の前のゲレンデに「コルチナワンダーヴィレッジ キッズパーク」があり、子ども用のスノーモービルやチュービング、そりなどで遊ぶことができるほか、ゲレンデ内に託児施設もあるため専任のスタッフに子どもを預けることもできます。スキー・スノボを楽しんだ後は、敷地から湧き出る美肌の湯と呼ばれる奥白馬温泉に浸かることができます。

「スキー場併設・隣接のスキー・スノーボード旅行が人気の宿ランキング」に関する調査概要
調査日: 2016年10月25日(火)
調査対象: 「スキー」「スノボ」「スノーボード」のキーワードを含む宿泊プランおよびスキー・スノボ関連プランの宿泊人泊数実績をもとに集計(スキー場併設もしくは隣接の宿が対象)
対象期間: 2016年11月15日(火)~2017年4月30日(日)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする