日経BPコンサルティング調べ 「大学ブランド・イメージ調査 2016-2017」 (2016年8月実施)【首都圏編】 大学ブランド力トップ3は、 東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学  「いま注目されている、旬である」大学に、青山学院大学


 株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、10年目になる「大学ブランド・イメージ調査 2016-2017」の結果をまとめ、11月30日に調査報告書を発売しました(調査実施は2016年8月)。

img_116700_1

 全国9地域455大学について、各大学の認知やイメージなどを尋ねました。本リリースは、【首都圏編(120校)】の「ビジネスパーソンからの回答結果」に関するものです。
【首都圏編】の大学ブランド力トップ3は東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学でした。

【調査結果のポイント】
■大学ブランド力(49のブランド・イメージ項目の得票率を束ねて算出した総合スコア)
・東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学がトップ3
・前回からの上昇率は、東京外国語大学が第1位。東京海洋大学、お茶の水女子大学が続く

■大学特有の魅力として
・「教育機関としてのビジョンがある」「コミュニケーション能力が高い」など4項目で東京外国語大学が第1位を獲得。
・「いま注目されている、旬である」で青山学院大学が第1位。

【調査結果データ】
■《大学ブランド力》トップ3は、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学
首都圏の主要大学120校における「大学ブランド力」第1位は、87.5ポイントを獲得した東京大学(表1)。第2位は慶應義塾大学(82.0ポイント)、第3位には早稲田大学(81.9ポイント)が続いた。公立大学で最も高いのは、第36位の横浜市立大学(50.7ポイント)。
前回結果からの上昇ランキング第1位は3.9ポイント上昇の東京外国語大学(表2)。次いで、第2位東京海洋大学(3.1ポイント)、第3位お茶の水女子大学(2.7ポイント)となった。

■《大学イメージ》「いま注目されている、旬である」第1位は、青山学院大学
大学に関する49項目のイメージについて、それぞれの大学の得票率を見ると、各大学特有の魅力が見えてくる(表3)。今回の調査では、ブランド力上昇ランキング第1位の東京外国語大学が、「教育機関としてのビジョンがある」「コミュニケーション能力が高い」など4項目で第1位を獲得した。
そのほか、「いま注目されている、旬である」の第1位は青山学院大学が獲得。箱根駅伝2大会連続総合優勝のイメージも多く残っているようで、「大学の特長・魅力」を問う自由意見内でも約15%の回答に「駅伝」という単語が挙げられた。

■《認知経路》ロイヤルティ上位校では、「テレビ番組」「新聞記事」「教授・教員・大学関係者」の影響が大きい
入学推薦率や採用意向率などロイヤルティを形成する情報はどのようなメディア、認知経路からの影響が大きいのか。北海道編を除く全地域の大学を、各地域の入学推薦率および採用意向率それぞれ上位5位までの大学と、6位以下の大学の2つのグループに分け、認知経路全体の中で各手段が占める割合を算出した(図4、5)。
結果を見ると、上位5位までの大学グループは、「テレビ番組」「新聞記事」など、いわゆるアーンドメディア(Earned Media)と呼ばれる信用や評判を得るメディアの割合と、「教授・教員・大学関係者」「知人・友人」など、口コミの割合が高い。「テレビ番組」や「新聞記事」「教授・教員・大学関係者」は、学内の教育・研究の成果や、その大学独自の強みの伝達に対して使われることの多い情報発信手段である。そのため、大学名や特長を「伝える」だけでなく、他大学と差別化できる「質」にこだわった情報発信が可能だといえよう。
一方、6位以下の大学グループは、「テレビCM」「新聞広告」「交通広告・ポスター」などの広告出稿、ペイドメディア(Paid Media)の割合が高い。「大学案内」「ホームページ」などに代表される、自校で所有して情報発信をするオウンドメディア(Owned Media)の割合には、あまり差が見られない。

本調査では、大学ブランドを算出する49項目以外にも、大学の「認知率」や、口コミなどに影響される「入学推薦率」「採用意向率」などロイヤルティに関わる結果を客観的評価にまとめている。大学ブランドの浸透度合いに合わせた戦略的なコミュニケーション活動に、ぜひお役立ていただきたい。

「大学ブランド・イメージ調査 2016-2017」
【東日本編】【首都圏編】【北陸・東海編】【近畿編】【中国・四国編】【九州・沖縄・山口編】
全国の主要大学計455校(医科大学や体育大学、短期大学などは除外)の「大学ブランド力」算出を目的としたインターネット調査。
日経BPコンサルティングの提携先調査機関の調査モニターを中心に、同地域に居住する仕事をされている方(ビジネスパーソン)や、中学生以上の子どもがいる父母、教育関連従事者に回答を依頼。「地域産業への貢献度」や「研究施設の充実度」、また学生の「語学力」や「コミュニケーション能力の高さ」など大学や在学生へのブランド・イメージ49項目を測定し、それらをまとめた大学ブランド力(偏差値)を算出してランキング化した。調査設計や分析にあたり、企業ブランドおよび製品/サービスブランドの調査で実績のある「ブランド・ジャパン」で培ったノウハウを活用し、調査するイメージ項目を洗い出した。調査期間は2016年8月1日~8月31日、本リリースで結果を掲載したビジネスパーソンの有効回答数は、5,853件(首都圏編)。2016年11月30日に地域ごとの調査結果をリリース。
( http://consult.nikkeibp.co.jp/info/news/2016/1130ubj_2/ )

img_116700_1

img_116700_2

img_116700_3

img_116700_4

img_116700_5

【ノミネート大学】
■東京都
お茶の水女子大学、電気通信大学、東京外国語大学、東京海洋大学、東京学芸大学、東京工業大学、東京大学、東京農工大学、一橋大学、首都大学東京、青山学院大学、亜細亜大学、跡見学園女子大学、桜美林大学、大妻女子大学、嘉悦大学、学習院女子大学、学習院大学、共立女子大学、杏林大学、慶應義塾大学、恵泉女学園大学、工学院大学、國學院大學、国際基督教大学、国士舘大学、駒沢女子大学、駒澤大学、実践女子大学、芝浦工業大学、上智大学、昭和女子大学、白百合女子大学、成蹊大学、成城大学、聖心女子大学、清泉女子大学、専修大学、創価大学、大正大学、大東文化大学、高千穂大学、拓殖大学、玉川大学、多摩大学、中央大学、津田塾大学、帝京大学、帝京平成大学、東海大学、東京家政学院大学、東京家政大学、東京経済大学、東京工科大学、東京純心大学、東京女子大学、東京電機大学、東京都市大学、東京富士大学、東京理科大学、東邦大学、東洋学園大学、東洋大学、二松學舎大学、日本女子大学、日本大学、文化学園大学、文京学院大学、法政大学、武蔵大学、武蔵野大学、明治学院大学、明治大学、明星大学、目白大学、立教大学、立正大学、和光大学、早稲田大学

■千葉県
千葉大学、江戸川大学、川村学園女子大学、敬愛大学、秀明大学、淑徳大学、城西国際大学、聖徳大学、千葉科学大学、千葉経済大学、千葉工業大学、千葉商科大学、中央学院大学、明海大学、麗澤大学、和洋女子大学

■神奈川県
横浜国立大学、横浜市立大学、神奈川大学、鎌倉女子大学、関東学院大学、相模女子大学、産業能率大学、松蔭大学、鶴見大学、桐蔭横浜大学、東洋英和女学院大学、フェリス女学院大学、横浜商科大学

■埼玉県
埼玉大学、埼玉県立大学、共栄大学、十文字学園女子大学、城西大学、尚美学園大学、駿河台大学、聖学院大学、西武文理大学、東京国際大学、獨協大学、文教大学

日経BPコンサルティング:日経BP社全額出資の「調査・コンサルティング」、「企画・編集」、「制作」など、コンサルティング、コンテンツ関連のマーケティング・ソリューション提供企業。(2002年3月1日設立。資本金9,000万円)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする