「日本を動かす経営者」BEST100& 「世界で最もイノベーティブな企業」BEST100を発表! フォーブス ジャパン JAPAN’S CEO OF THE YEAR 2016


 この度、フォーブス ジャパン(発行元:アトミックスメディア、本社:東京都港区、代表取締役 CEO:高野 真)は、2016年11月号にて「日本を動かす経営者」BEST100&「世界で最もイノベーティブな企業」BEST100を発表いたします。また、9月28日(水)にアワードセレモニー「JAPAN’s CEO OF THE YEAR 2016」を開催し、ランクインした主要経営者の表彰を行います。

img_112529_1
JAPAN’S CEO OF THE YEAR 2016 ロゴ

 「日本を動かす経営者」ランキング堂々の1位に輝いたのは、第一生命保険 代表取締役社長の渡邉 光一郎氏。続く2位に、三井住友トラスト・ホールディングス 代表取締役社長の北村 邦太郎氏、3位に三菱重工業 取締役社長 CEOの宮永 俊一氏。ソフトバンクグループ 代表取締役社長の孫 正義氏が49位、日本電産 代表取締役会長兼社長の永守 重信氏が85位にランクインしました。

アワードセレモニーでは、「日本を動かす経営者」上位10人の表彰をはじめ、「世界で最もイノベーティブな企業 日本部門」1位を受賞した楽天 三木谷 浩史代表取締役会長兼社長、日本独自の未上場版を受賞したプリファード・ネットワークスの西川 徹代表取締役社長による「これからの経営」に関するトークショーも行います。

■「CEO RANKING 2016」選考方法
「フォーブス ジャパン」編集部が掲げる「日本を動かす経営者」を数多く生み出すという方針のもと、企業のIR活動を総合的に支援しているフィスコIRの協力を仰ぎ、「社長力」を点数化し、上位100人を選出。最初に「日本を動かす」というテーマに合う企業規模を持つ会社として時価総額を指標として上位100社を選定。次に、社長力の評価方法として、従来の財務情報を評価した「財務パフォーマンス」に加え、ESG(環境・社会・ガバナンス)といった非財務情報も「ESGパフォーマンス」として評価し、「経営の総合力」をつけた。
具体的には、特定企業(以下、A社)について、A社の「財務パフォーマンス」「ESGパフォーマンス」の潜在的な経済価値の創造力を測定し、それに対してA社の「財務パフォーマンス」「ESGパフォーマンス」の実質的な経済価値の創造力を開示情報などに基づき評価し、そのギャップ(乖離の程度)を指標に点数化・格付けした。

「日本を動かす経営者」BEST10 *敬称略
1位:渡邉 光一郎(第一生命保険)
2位:北村 邦太郎(三井住友トラスト・ホールディングス)
3位:宮永 俊一(三菱重工業)
4位:中山 讓治(第一三共)
5位:家次 恒(シスメックス)
6位:片野坂 真哉(ANAホールディングス)
7位:手代木 功(塩野義製薬)
8位:平野 信行(三菱UFJフィナンシャル・グループ)
9位:岡藤 正広(伊藤忠商事)
10位:斉藤 恭彦(信越化学工業)

「世界で最もイノベーティブな企業 日本部門」
1位:三木谷 浩史(楽天)
2位:家次 恒(シスメックス)
3位:柳井 正(ファーストリテイリング)

「最もイノベーティブなスタートアップ」
1位:プリファード・ネットワークス/西川 徹
2位:スパイバー/関山 和秀
3位:ソラコム/玉川 憲

※「日本を動かす経営者」BEST100、「特別賞」は、「フォーブス ジャパン」2016年11月号(9月24日発売)と、弊誌ウェブサイトforbesjapan.com(記事URL: http://forbesjapan.com/articles/detail/13664 )に掲載されています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする