アンファー調べ  妻がドキッとするスキンシップ  1位「後ろからハグ」2位「首筋にキス」


既婚男女1,000人に聞いた「夫婦愛と頭髪に関する調査2016」

「スカルプD」をはじめ、オリジナルのエイジングケア商品を展開するアンファー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三山熊裕)では、10月20日の「頭髪の日」と、11月22日の「いい夫婦の日」にちなみ、30歳~59歳の既婚男女1,000人(既婚男性500人、既婚女性500人)を対象とした「夫婦愛と頭髪に関する調査2016」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)

img_114138_1
されるとドキッとするスキンシップ

■■夫婦仲の実態と円満夫婦の特徴とは?■■
●「円満夫婦」は8割も、夫婦の6割が「セックスレス夫婦」と判明!
月に1回以上「デートをする夫婦」は3組に1組
●夫婦円満の秘訣は夫婦風呂?
円満夫婦の5組に1組は月に1回以上「夫婦風呂」、
20組に1組は月に1回以上「相手の頭髪をシャンプー」
●シャンプーしてあげる?妻や夫の優しい頭皮マッサージは効果抜群!
愛情シャンプー夫婦の95%が夫婦円満、50%がセックスレスとは無縁!
愛情シャンプー夫婦はキスレス、デートレス、感謝レスと縁遠い!

はじめに、全国の30歳~59歳の既婚男女1,000名(全回答者)に、夫婦仲について聞きました。

まず、自分たちが円満夫婦かどうか聞いたところ、81.0%が自分たちは「円満夫婦」にあてはまると回答しました。自分たちを円満夫婦だと感じている夫婦が大多数のようです。
円満夫婦の割合を、年代別にみると、30代86.4%、40代81.1%、50代75.4%となり、若い世代の方が高くなりました。若い世代のほうが円満な夫婦は多いようです。

次に、夫婦のコミュニケーションについて聞きました。
自分たちがセックスレス夫婦かどうか聞いたところ、「セックスレス夫婦」の割合は59.1%となりました。
セックスレス夫婦の割合を年代別にみると、30代では47.0%、40代では59.0%、50代では71.3%と、年代が上がるにつれ高くなりました。また、円満夫婦、不仲夫婦それぞれのセックスレス夫婦の割合をみると、円満夫婦でも52.8%と半数以上になりましたが、不仲夫婦ではさらに高く85.8%となりました。

では、デートやキスなどのコミュニケーションはどのくらい行われているのでしょうか。
それぞれについて、月に1回以上行う夫婦の割合をみると、「デート」は33.1%、「キス」は41.8%となり、「夫婦風呂(夫婦で一緒にお風呂に入る)」は17.9%、「相手の頭髪をシャンプー」は4.2%でした。月に1回以上デートをする夫婦は3組に1組、月に1回以上夫婦風呂をする夫婦は6組に1組と少なくないようです。
また、「感謝を伝える」は57.3%となりました。夫婦生活が長くなると、何かをしてもらっても、それが当然であるように感じてしまいがちですが、半数以上の夫婦は相手に“ありがとう”を伝えているようです。他方、「夫婦喧嘩」は40.9%でした。

それぞれのコミュニケーションについて、円満夫婦と不仲夫婦を分けてみると、「デート」(円満39.0%、不仲7.9%)や「キス」(円満50.0%、不仲6.8%)、「感謝を伝える」(円満65.4%、不仲22.6%)のほか、「夫婦風呂」(円満21.2%、不仲3.7%)や「相手の頭髪をシャンプー」(円満4.9%、不仲1.1%)でも円満夫婦のほうが高くなり、円満夫婦では、「夫婦風呂」は5組に1組、「相手の頭髪をシャンプー」は20組に1組の割合となりました。夫婦の円満度を上げるには、これらのコミュニケーションを積極的に取ると良さそうです。
一方、「夫婦喧嘩」は円満夫婦39.8%、不仲夫婦45.8%で、不仲夫婦のほうが高くなりました。

また、月に1回以上「相手の頭髪をシャンプー」している夫婦を“愛情シャンプー夫婦”として、愛情シャンプー夫婦と、そうではない夫婦を分けてみると、円満夫婦の割合は、愛情シャンプー夫婦では95.2%、非愛情シャンプー夫婦では80.4%となり、愛情シャンプー夫婦のほうが15ポイント近く高くなりました。妻や夫の優しい頭皮マッサージは、夫婦円満に効果は抜群のようです。

セックスレス夫婦の割合についても、愛情シャンプー夫婦と、そうではない夫婦を分けてみると、愛情シャンプー夫婦では50.0%、非愛情シャンプー夫婦では59.5%と、愛情シャンプー夫婦のほうが約10ポイント低くなりました。愛情シャンプー夫婦のほうが、セックスレス夫婦は少ない結果となりました。

さらに、デートやキスなどのコミュニケーションについても分けてみると、月に1回以上行う夫婦の割合は、愛情シャンプー夫婦では、「デート」は57.1%、「キス」は76.2%、「感謝を伝える」は81.0%と、いずれにおいても非愛情シャンプー夫婦を大きく上回りました。愛情シャンプー夫婦は夫婦円満で、キスレスやデートレス、感謝レスとも縁遠いようです。

●夫婦円満に効果的!?
夫婦の「嬉しい」「愛情を感じる」「ドキッとする」スキンシップランキング!
パートナーからされて嬉しいスキンシップ 夫も妻も1位は「手をつなぐ・触る」
夫の2位は「唇にキス」、妻の3位は「髪をなでる・頭をポンポン」
たまにはこんな刺激的なスキンシップが効果的!妻は意外な攻撃に実は弱い?
妻がドキッとするスキンシップ1位「後ろからハグ」2位「首筋にキス」、
夫がドキッとするスキンシップは?
●NGパーツに要注意!こんなスキンシップは逆効果!
妻が嫌なスキンシップの1位は「お腹をさわる」

次に、全回答者(1,000名)に、日頃のスキンシップについて聞き、嬉しいスキンシップ、愛情を感じるスキンシップ、ドキッとするスキンシップのランキングを算出しました。

まず、【夫・妻にされると嬉しいスキンシップ ランキング】をみると、夫も妻もランキングの1位は「手をつなぐ・触る」となり、夫では53.2%、妻では55.0%と、どちらも半数以上となりました。デートのときだけではなく、一緒にテレビを見ているようなときなど、家の中でも手をつなぐと良いのではないでしょうか。2位以下についてみると、夫のランキングでは、2位「唇にキスをする」(37.6%)、3位「マッサージ」(33.2%)となり、妻のランキングでは、2位「マッサージ」(45.2%)、3位「髪をなでる・頭をポンポンする」(44.6%)となりました。夫に髪・頭を触られると嬉しい女性は多いようです。

次に、【夫・妻にされると愛情を感じるスキンシップ ランキング】をみると、夫のランキングの1位は「唇にキスをする」で39.4%と4割の男性が選び、妻のランキングの1位は「手をつなぐ・触る」で40.2%と4割の妻から選ばれました。夫は唇から、妻は手から愛情を感じているようです。
そして、【夫・妻にされるとドキッとするスキンシップ ランキング】をみると、夫のランキングの1位は「唇にキスをする」(28.2%)、2位「後ろからハグをする」(20.0%)、3位「手をつなぐ・触る」(17.0%)となりました。一方、妻のランキングでは、1位は「後ろからハグをする」(27.4%)、2位「首筋にキスをする」(16.6%)、3位「唇にキスをする」(16.2%)でした。たまには、後ろからハグをして、首筋にキスをするというような刺激的なスキンシップをとれば、セクシーな気分になり、セックスレスの解消にもつながるのではないでしょうか。

また、こんなスキンシップでは、円満度が下がってしまうという、【夫・妻にされると嫌なスキンシップ】もランキングを算出したところ、夫のランキングの1位は「髪をなでる・頭をポンポンする」(15.2%)、2位「顔に触れる」(8.2%)、3位「手をつなぐ・触る」(7.0%)となり、妻のランキングでは、1位は「お腹・腹筋を触る」(34.2%)、2位「脚や太ももを触る」(23.0%)、3位「お尻をぽんとたたく」(22.2%)でした。夫婦のスキンシップでは、「頭・髪」は男性のNG箇所、「お腹」「脚・太もも」「お尻」は女性のNG箇所になっているようです。スキンシップによって円満度が下がってしまっては本末転倒ですので、相手のNG箇所には注意しながら、スキンシップをとる必要がありそうです。

●夫婦は相手のどこが好き? 夫も妻も1位は「目」という結果に
夫が好きな妻のパーツ2位は「髪・ヘアスタイル」、妻が好きな夫のパーツの2位は「手・指」
●妻がついチェックしてしまうのは夫のどこ? 「髪・ヘアスタイル」がダントツ
●パートナーに自分好みになってほしいパーツ
夫も妻も「髪・ヘアスタイル」と「お腹」がツートップ
夫の髪型チェンジで円満夫婦にチェンジ!?
不仲夫婦の妻は夫の「髪・ヘアスタイル」のチェンジを期待!

夫婦のコミュニケーションやスキンシップについてみてきましたが、夫婦はお互いのどこが好きなのでしょうか。

全回答者(1,000名)に、好きなパートナーのパーツを聞いたところ、夫も妻も「目」が最も多く、夫では42.0%、妻では33.4%が相手の好きなパーツに挙げました。2位以下についてみると、【夫が好きな妻のパーツ】では、「髪・ヘアスタイル」30.0%となり、「胸・胸筋」22.6%、「お尻」21.0%、「口」19.6%が続きました。妻の「髪・ヘアスタイル」が好きという男性も多いようです。一方、【妻が好きな夫のパーツ】では、「手・指」24.6%が2位となり、「二の腕」20.2%、「胸・胸筋」18.0%、「お尻」17.2%が続きました。夫にされて嬉しいスキンシップや愛情を感じるスキンシップの1位が「手をつなぐ・触る」となっていましたが、大好きな手でギュッと手を握られると癒されるという女性が多いのではないでしょうか。

次に、ついチェックしてしまうパートナーのパーツを聞いたところ、夫も妻も、1位は「髪・ヘアスタイル」(夫36.4%、妻57.0%)で、特に、【妻がついチェックしてしまう夫のパーツ】においては、「髪・ヘアスタイル」がダントツな結果になりました。夫の髪が気になるという女性が多いようです。また、2位、3位も夫と妻では同じパーツが並び、2位は「お腹」(夫21.8%、妻28.4%)、3位は「肌」(夫18.6%、妻17.8%)となりました。髪だけではなく、お腹やお肌も、双方にとって気が抜けないポイントになっているようです。
そして、夫婦の円満度アップに必要な、もっと自分好みになってほしいパートナーのパーツを聞いたところ、【夫がもっと自分好みになってほしいと思う妻のパーツ】では、「髪・ヘアスタイル」が最も多く23.0%、次いで、「お腹」21.6%、「胸・胸筋」16.8%、「お尻」13.2%、「太もも」10.8%が続きました。本当はこんな髪型にして欲しいのに、と内心思っている男性は少なくないようです。一方、【妻がもっと自分好みになってほしいと思う夫のパーツ】では、「お腹」が最も多く27.6%、僅差の26.8%で「髪・ヘアスタイル」が続きました。夫に引き締まったお腹を期待する女性が多いのではないでしょうか。
また、【妻がもっと自分好みになってほしいと思う夫のパーツ】について、円満夫婦の妻と不仲夫婦の妻を分けてみると、不仲夫婦の妻では、「髪・ヘアスタイル」が30.2%で最も多くなりました。不仲夫婦が円満夫婦にチェンジするためにまず必要なのは、夫の髪のお手入れやヘアスタイルのチェンジなのかもしれません。

●パートナーにはいつまでも若々しくいて欲しい!夫婦円満を保つために必要なのは?
円満度が“ダダ下がり”なパートナーの変化は“におい” 「口臭」「体臭」「頭皮臭」がトップ3に
●結婚後でもそれはNG!「浮気」と同じくらい許せないという夫婦が多かった結婚後の変化は?
妻にとっては浮気以上!?
「浮気」よりも「すぐ怒る」「偉そう」のほうが、許せないとした妻が多い結果に

それでは、結婚後のパートナーの変化(老化・劣化)については、どのように考えられているのでしょうか。

全回答者(1,000名)に、パートナーの体の変化を提示し、許せるか、許せないかを聞いたところ、「許せない」夫婦の割合(「やや許せない」と「絶対に許せない」の合計)が最も高くなったのは、「口臭がきつくなる」で89.0%、次いで、「体臭がきつくなる」が82.9%、「頭皮臭がきつくなる」が81.9%で続きました。口臭や体臭、そして頭皮臭といった“におい”に関する体の変化が許せないという夫婦が多いようです。夫婦の円満度が下がらないように気をつけなければいけないのは、“におい”の変化ということがわかりました。

また、全回答者(1,000名)に、パートナーの態度の変化を提示し、許せるか、許せないかを聞いたところ、「許せない」夫婦の割合が最も高くなったのは「浮気をする」で93.1%、次いで、「すぐ怒る・すぐ感情的になる」が92.8%、「偉そうになる」が89.4%、「話を聞かなくなる」が86.9%、「愛情が薄くなる」が79.9%で続きました。浮気はもってのほかですが、怒りやすくなることや偉そうに振る舞うことも、許せないという夫婦が浮気と同じくらい多くなりました。男女別にみると、男性では、「浮気をする」が93.4%で最も高くなりましたが、女性では、「すぐ怒る・すぐ感情的になる」97.4%や「偉そうになる」95.4%が、「浮気をする」92.8%よりも高くなりました。夫の浮気を許せないという妻よりも、夫が怒りやすくなることや偉そうになることのほうが許せないという妻は多いようです。

●夫婦円満はアタマのニオイケア次第!
頭皮の匂いは大丈夫?髪から匂うシャンプーの香りが夫婦愛の要
好きなパートナーの匂いの1位は「髪の匂い」、
嫌いなパートナーの匂いの3位に「頭皮の匂い」がランクイン
意外!?夫の「首・耳の裏の匂い」が好きな妻は10人に1人

夫婦が円満でいるためには、“におい”のケアが大切なことが明らかになりましたが、パートナーの匂いについては、日頃、どのように感じているのでしょうか。

全回答者(1,000名)に、パートナーの匂いについて聞いたところ、【好きなパートナーの匂い】では、「髪の匂い」が最も多く21.4%、次いで「胸・胸板の匂い」9.2%、「首・耳の裏の匂い」8.9%が続きました。男女別にみると、男性では「髪の匂い」が36.2%で、2位以下に大差をつけました。妻の髪の匂いが好きという男性は多いようです。一方、女性では、「胸・胸板の匂い」が11.0%で最も高く、「首・耳の裏の匂い」が10.4%と僅差で続きました。

他方、【嫌いなパートナーの匂い】では、「足の匂い」が最も多く23.3%、次いで、「脇の匂い」17.3%、「頭皮の匂い」16.7%が続きました。男女別にみると、男性では「脇の匂い」が最も高く10.2%となり、女性では「足の匂い」37.8%に次いで「頭皮の匂い」26.4%が高くなりました。

また、【セクシーだと感じるパートナーの匂い】や【嗅ぐと安心するパートナーの匂い】についてみると、男性の1位は「髪の匂い」(セクシーだと感じる26.8%、嗅ぐと安心する27.0%、以下同順)、女性の1位と2位は「胸・胸板の匂い」(8.4%、13.8%)と「首・耳の裏の匂い」(7.8%、10.4%)になり、【好きなパートナーの匂い】と同順になりました。

●夫のファッションをチェックしている妻は3人に2人、頭皮チェックは3人に1人
浮気が心配なのは妻より夫
浮気をしていないかケータイ・パソコンをチェックしている夫は10人に1人

次に、全回答者(1,000名)に、日頃のパートナーに対するチェックについて聞いたところ、「チェックをしている」夫婦の割合(「よくする」と「たまにする」の合計)をみると、「パートナーの身だしなみ・ファッション(清潔感・服装に問題はないか等)」が最も高く53.6%、次いで、「パートナーの体重・スタイル(肥満体型になっていないか等)」40.3%、「パートナーの頭皮(薄毛になっていないか、頭皮臭が酷くないか、頭皮環境・頭皮の健康状態に問題はないか等)」28.9%が続きました。他方、浮気をしていないかのチェックについては、いずれも10%を下回り、「パートナーの領収書・レシート(浮気をしていないか等)」は9.4%、「パートナーのケータイ・パソコン(浮気をしていないか等)」は9.3%、「(GPS等による)パートナーの行き先・居場所(浮気をしていないか等)」は6.5%でした。
男女別にみると、パートナーのファッションやスタイル、頭皮のチェックをしているのは、男性より女性のほうが高く、女性では、「パートナーの身だしなみ・ファッション」は64.6%と6割を超え、「パートナーの体重・スタイル」は46.8%、「パートナーの頭皮」は36.8%でした。妻の3人に2人が夫のファッションをチェックし、3人に1人が夫の頭皮を日頃からチェックしているようです。他方、浮気をしていないかのチェックは、女性より男性のほうが僅かに高い傾向がみられ、男性では、「パートナーのケータイ・パソコン(浮気をしていないか等)」は10.0%、「(GPS等による)パートナーの行き先・居場所(浮気をしていないか等)」は7.6%となりました。

■■夫婦円満に欠かせない頭髪ケア!夫婦の頭髪ケアの実態とは?■■
●「夫は薄毛」4割、「夫は抜け毛が多い」も4割に
●薄毛を自覚している夫は3割強
●妻の4人に1人が夫に「薄毛予防・薄毛対策を考えてほしい」と回答
頭皮ケア・育毛の知識に自信がある夫はわずか1割半も、
今後、薄毛予防・薄毛対策を考えたい夫が4割
●あなたの夫は大丈夫? 自分専用のシャンプーを使っていない夫が半数以上
●頭皮ケアにはもっと費用をかけても大丈夫!
妻が考える許容金額は夫が考える許容金額より高い傾向

夫婦の円満のためには、頭髪ケアや頭皮ケアが欠かせない様子がうかがえましたが、夫婦の頭髪・頭皮ケアの実態は、どのようになっているのでしょうか。

まず、女性(500名)に、夫の髪や頭皮の状態を評価してもらったところ、「髪にハリ・ツヤ・コシがある」は42.6%、「薄毛である」は38.0%、「抜け毛が多い」は39.4%、「頭皮の匂いがきつい」は25.2%となりました。
また、「薄毛予防・薄毛対策を考えてほしい」は26.6%となり、夫に薄毛予防・薄毛対策を考えてほしいと思っている妻は4人に1人でした。

一方、男性(500名)に、自分の髪や頭皮の状態を評価してもらったところ、「髪にハリ・ツヤ・コシがある」は33.2%、「薄毛である」は33.8%、「抜け毛が多い」は37.6%、「頭皮の匂いがきつい」は23.0%となりました。「髪にハリ・ツヤ・コシがある」では、妻の評価のほうが高く、男性は、もっと自信を持っても良さそうです。一方、「薄毛である」については、女性の38.0%が夫は薄毛と回答しているのに対し、自身を薄毛と回答した男性は33.8%でした。髪の薄さについては、男性の自己評価が若干甘いようです。
また、「頭皮ケア・育毛の知識が十分にある」は16.8%にとどまりましたが、「薄毛予防・薄毛対策を考えたい」は38.4%になりました。頭皮ケア・育毛の知識に自信がある男性はあまりみられませんでしたが、今後、薄毛予防や薄毛対策を考えたいと思っている男性は4割いるようです。

次に、全回答者(1,000名)に、日頃使っているシャンプーについて聞いたところ、男性では、「自分が使うシャンプーは自分で選んでいる」は47.6%、「自分専用のシャンプーを使っている」は48.6%、「頭皮ケアシャンプーを使っている」は31.8%となり、自分が使うシャンプーを自分で選んでいない夫や自分専用のシャンプーを使っていない夫が半数以上であることがわかりました。
一方、女性では、「自分が使うシャンプーは自分で選んでいる」は90.0%となり、「自分専用のシャンプーを使っている」は61.2%、「頭皮ケアシャンプーを使っている」は23.6%でした。
妻にシャンプー選びを任せてしまっている夫が多く、家族共用のシャンプーを使っている夫が多い様子がうかがえましたが、シャンプー選びでは、自分の頭皮や髪の状態にあったものを選ぶことが大切です。男性も自分が使うシャンプーは、自分の頭皮や髪の状態を見極め、自分で選ぶようにしてはどうでしょうか。

また、頭皮ケアや薄毛予防・対策に費やすお金についての意識を聞きました。

まず、男性(500名)に、【自分が頭皮ケアや薄毛予防・対策に費やしてもよいと思う金額(月額)】を聞いたところ、「0円」が36.8%と全体の1/3を占めましたが、「1,000円~3,000円未満」が33.6%となったほか、「3,000円~5,000円未満」(9.4%)、「5,000円~10,000円未満」(8.4%)、「10,000円以上」(2.6%)との回答もみられ、0円も含めて算出した平均金額は1,439円でした。

次に、女性(500名)に、【夫が頭皮ケアや薄毛予防・対策に費やしてもよいと思う金額(月額)】を聞いたところ、「0円」は13.8%、「1,000円~3,000円未満」が49.2%、「3,000円~5,000円未満」が11.2%、「5,000円~10,000円未満」が12.6%となり、0円も含めて算出した平均金額は1,888円となりました。夫が考える費用より妻がかけてもよいと思う費用のほうが平均金額は高い傾向となりました。秋は抜け毛のシーズンといわれますが、夫が頭皮ケアや薄毛予防・対策にかけるお金を遠慮し過ぎないことも、夫婦円満を保つことに繋がるのではないでしょうか。

■■2016年 “流行髪”大賞■■
【今年の“流行髪”大賞はこの人!】
●2016年のヘアスタイルが印象的で忘れられない!
男性部門の1位は「りゅうちぇるさん」、
「オダギリジョーさん」やピン芸人の「永野さん」もランクイン
女性部門は1位「広瀬すずさん」、
「きゃりーぱみゅぱみゅさん」や「三戸なつめさん」もランクイン
●“薄毛でなかったら国民的アイドル!”1位は「●●」さんだぞ!
“薄毛だけど、カッコいい”と合わせて2冠!!
●“薄毛だけど、抱かれてもいいお笑い芸人”
実力派お笑いトリオ我が家の「坪倉由幸さん」がトップ!

全回答者(1,000名)に、「2016年のヘアスタイルが印象的で忘れられない!」という芸能人を聞き、ランキングを算出したところ、男性芸能人の1位は「りゅうちぇるさん」(36人)、2位「斎藤司さん」(23人)、3位「カズレーザーさん」(14人)となり、「オダギリジョーさん」(8人)は5位、ピン芸人の「永野さん」(6人)は7位でした。女性芸能人では、1位「広瀬すずさん」(18人)、2位「石原さとみさん」(15人)、3位「渡辺直美さん」(12人)となり、「きゃりーぱみゅぱみゅさん」(9人)は6位、「三戸なつめさん」(7人)は7位という結果になりました。

最後に、いくつかのテーマでお笑い芸人を提示し、ランキングを算出しました。

まず、全回答者(1,000名)に、【“薄毛でなかったら国民的アイドル!”というイメージのお笑い芸人】を聞いたところ、1位「斎藤司さん(トレンディエンジェル)」(15.2%)、2位「志村けんさん」(7.7%)、3位「岡村隆史さん(ナインティナイン)」(6.3%)となりました。
また、男性(500名)に、【薄毛だけど、カッコいいと思うお笑い芸人】を聞いたところ、1位は「斎藤司さん(トレンディエンジェル)」(23.6%)と斎藤さんが2冠となり、3位には「笑福亭鶴瓶さん」(14.0%)がランクインしました。
そして、女性(500名)に、【薄毛だけど、抱かれてもいいと思うお笑い芸人】を聞いたところ、1位は「坪倉由幸さん(我が家)」(15.2%)、2位「斎藤司さん(トレンディエンジェル)」(10.8%)となり、惜しくも斎藤さんが3冠を逃す結果となりました。また、4位には「有田哲平さん(くりぃむしちゅー)」(6.6%)がランクインしました。

■■調査概要■■
調査タイトル:夫婦愛と頭髪に関する調査2016
調査対象:ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする30歳~59歳の既婚(配偶者がいる)男女
調査期間:2016年9月14日~19日
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
有効回答数:1,000サンプル


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする