「65,535頭を調査、2016年愛犬・愛猫名前ランキング」


犬猫ともにメスの名前は『モモ』が一位。犬猫ともにオスの名前は『レオ』『ソラ』『コタロウ』。『ソラ』『ハナ』『ココ』は犬猫ともに人気。『マロン』『チョコ』などスイーツ系の名前も上位。

株式会社ベネッセホールディングスの子会社、株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、以下:ベネッセ)発行の愛犬・愛猫と飼い主の生活誌「いぬのきもち」「ねこのきもち」のいぬのきもち・ねこのきもちWeb編集室では、アクサ損害保険株式会社の「いぬのきもち保険」「ねこのきもち保険」と共同で「愛犬・愛猫の名前ランキング2016」をまとめました。いぬ・ねこのきもち保険の加入者から犬・猫合わせて65,535頭のデータを抽出して集計。調査結果の詳細はWebサイト(http://pet.benesse.ne.jp)に掲載しています。

main

犬猫ともにメスの名前は『モモ』が一位。特に性別ランキングのメス部門では2位の「ハナ」に大差をつけての1位となりました。人気の理由は「音の響き」や「かわいいイメージ」などの理由から名付けをされることが多いようです。春の花の「桃」や、春の桃の節句などから女のコの名前として「モモ」は人気の理由ですが、同様に花の名前をとった「ハナ」「サクラ」などは全体ランキングでもメスのランキングでも上位にランクしています。文字を繰り返し「モモ」「ココ」「ナナ」など音の響きがかわいい名前も昨年度に引き続き上位にランクインしています。特に「ココ」はメスだけでなくオスにも人気の名前となっていて、音の響きを重視する傾向がオス・メス共に現れているようです。人気の名前にはもう1つ「モモ」「マロン」「チョコ」「ココア」などかわいらしい食べ物、特にスイーツに関連した名前となっています。スイーツの名前の中でも特に色から連想される「マロン」「チョコ」などはオス・メス共に人気となっています。「桃」や「マロン」などの食べ物から名前を取ることが多いのは、かわいいイメージもありますが、食べ物の名前をつけると長生きをするという言い伝えもあるようです。この3つを兼ね備えた「モモ」が、4年連続の不動の1位となっていると思われます。オスのランキングでは、「レオ」が3位から1位へランクアップし、昨年1位だった「ソラ」がランクダウンしています。力強い印象のある「レオ」「ソラ」「コタロウ」の3つは2014年から順位の変動はあるものの、3位以内をどちらもキープし人気の名前となっています。

続いて2016年生まれの犬の名前ランキングです。

sub8

2016年に生まれた名前ランキングではオスは「ハル」が1位となり人気の名前となっています。
オスの2位の「ソラ」がメスの7位にランク外からランクインしています。この影響を受けて男女総合のランキングでも昨年度7位から1位にランクアップしており、オス・メス共につけられるユニセックスな名前が2016年は人気の傾向がみられます。女のコの名前では「ハナ」が3位からランクアップしていますが、上位4つの「ハナ」「サクラ」「ココ」「モモ」は多少の変動はあるものの2年連続のランクインとなっており、引き続き人気の名前となっています。女のコの名前は「ハナ」「サクラ」「モモ」「ラン」などの花の名前や、「ココ」「モモ」「ナナ」「ネネ」などの文字を繰り返す名前が、昨年度に引き続き人気の傾向です。

続いては、人気犬種ランキングです。

sub1

犬種別の人気名前ランキングもございます。いぬのきもちweb(http://pet.benesse.ne.jp/ranking/name_vol7.html)に掲載しておりますので、そちらでチェックしてみてください。

続いては、最近大人気の猫についても名前ランキングを見ていきましょう。

sub2

総合ランキングは「モモ」が4年連続の1位を獲得。上位5位までの「モモ」「ソラ」「ハナ」「ココ」「レオ」と昨年に続き不動の順位となっています。また、犬の名前とは違い「ミー」「ミミ」など子猫の鳴き声や、「ミルク」といった子猫の飲み物を連想する名前から、最初の接点がミルクしか飲めない、とても小さな子猫と出会うことが想像できそうです。オスの「レオ」も3年連続の1位となっています。2位の「ソラ」との数字はそれほど離れておらず、3年前に比べると「ソラ」の人気が徐々に上昇し、3位の「コタロウ」に大きく差をつける結果となっております。昨年ランクインした「ジジ」「ハル」は安定した順位を保ち、新たに「クウ」がTOP20にランクインしています。メスの「モモ」は4年連続の1位の座を獲得。6位の「リン」が昨年まで順位を徐々に上げていいましたがが、大きく順位を下げて3位からランクダウンしています。「サクラ」「メイ」といった春・初夏を思わせる名前が上昇してきています。女のコの名前は「モモ」「ハナ」「サクラ」といった花の名前をとった名前や、「ココ」「ナナ」「ミミ」といった言葉を繰り返す、音の響きがかわいい名前や、「キナコ」「チョコ」「マロン」といったかわいらしいスイーツの名前が多くみられます。

続いて2016年生まれの猫の名前ランキングです。

sub3

昨年と大きく変動!オスは「ミルク」メスは「モモ」が一位。男女とも「ハル」は人気の名前に!
オスメスの総合ランキングは大きく順位を変動し、今年は「モモ」が1位となりました。昨年1位だった「メイ」はランク外へ。その年生まれの猫の名前ランキングは今年のトレンドの影響を受けやすく、昨年との変動が大きくなっています。オスのランキングでは「ミルク」「ハル」「ソラ」が同率の1位となっています。「ミルク」は初登場で1位となっており、今年急上昇の名前となっています。昨年度1位で、総合ランキング1位に入っていた「レオ」がなんと2016年生まれのランキングから外れる結果となっています。メスのランキングでは「モモ」が2年連続の1位となっており、過去3年を見ても上位2位までとランキング上位を落としたことがなく、ダントツ人気の名前となっています。「モモ」だけでなく「ララ」「キキ」「スズ」「ココ」といった音を繰り返す名前が上位を占めており、かわいらしい音の響きの名前が昨年度に引き続き人気のようです。メスではダントツ人気の「モモ」ですが、オス・メス問わず人気の傾向があるのは「ハル」となっており、今年はオス・メスともに使える名前が犬と同様に人気の傾向があるようです。

最後に、人気猫種ランキングです。

sub4

猫種別の人気名前ランキングは、いぬのきもちweb(http://pet.benesse.ne.jp/ranking/name_vol8.html)に掲載しておりますので、そちらでチェックしてみてください。

<ヒトと愛犬の生活総合誌「いぬのきもち」のご案内>
株式会社ベネッセコーポレーションが発行するヒトと愛犬の生活総合誌です。『愛犬を思いやる気持ちは人を思いやる気持ちにつながる』という願いをこめて創刊された「いぬのきもち」は、創刊14年目を迎えました。

sub5

・愛犬との暮しの中、飼いはじめ飼い主さんの課題
(「噛みグセ」「吠えグセ」「トイレのしつけ」等)は、愛犬の気持ちを知っていくことで解決へ。

・飼い主歴の長いベテラン飼い主の方向けには、愛犬との毎日をもっと楽しく過ごすための情報も満載。
愛犬と飼い主さんとの距離をグッと縮めることができる雑誌です。

いぬのきもち ウェブマガジン http://pet.benesse.ne.jp/dog.html

<ヒトと愛猫の生活総合誌「ねこのきもち」のご案内>

sub6

株式会社ベネッセコーポレーションが発行するヒトと愛猫の生活総合誌。愛猫の気持ちを知って、愛猫との暮らしを、もっと仲良く、もっと快適に!猫が喜ぶオリジナルふろくが大人気のねこのきもちは、創刊11周年を迎えました。愛猫と飼い主さんとの距離をグッと縮めることができる雑誌です。
ねこのきもち ウェブマガジン  http://pet.benesse.ne.jp/cat.html

sub7

<無料アプリ ‐ 「まいにちのいぬのきもち・ねこのきもち」のご案内>
愛犬・愛猫の誕生日を登録すると、年齢や性別、犬種・猫種など登録情報に合わせたアドバイス情報を毎日お届けするほか、雑誌「いぬのきもち」「ねこのきもち」の試し読みや犬や猫のエンタメ記事も読める無料アプリです。
ぜひダウンロードしてご利用ください♪

無料アプリ まいにちのいぬのきもち・ねこのきもち
http://pet.benesse.ne.jp/official_app/mainichi_new.html


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする